〜感動が集まり、感動の瞬間を作る人を生み出すメディア〜

STYLE GENERATION

ブログ

【2つの目線】質の高い記事の特徴【ブログ記事の目的も理解】

投稿日:2019年8月31日 更新日:

質の高い記事

こんな方におすすめ

  • 質の高い記事の特徴が知りたい方。
  • 質の高い記事を書く上で意識すべきことが知りたい方。
  • 質の高い記事を書く上で必要なスキル・能力が知りたい方。

結論

質の高い記事は、読者目線では読み飛ばしても必要な情報が手に入り簡単に理解できる記事で、ブログ運営者目線ではトップページは情報が整理され成約ページに誘導する、集客記事ではアクセスが多い、成約記事ではCVRが高いページ。

 

ブログ記事を書こうと思っても、初心者のうちはどんな記事を書けば良いのか分からず、何を意識すれば良いのかがわからなくて頭を抱えてしまうことってありますよね?

この記事ではそんなブログ運営初心者に質の高い記事の特徴や、質の高い記事を書く上で意識するポイントと、質の高い記事を書くために必要な能力について紹介します。

質の高い記事とは?

質の高い記事の特徴

まずは、質の高い記事の特徴を確認しましょう。

記事の冒頭でも紹介した通り、質の高い記事の特徴は読者目線とブログ運営者目線の両方で確認しておく必要があります。

質の高い記事を書くためには、どんな記事が質が高い記事なのかを知っておく必要があるので、この見出しはしっかりと理解しておきましょう。

読者目線の特徴

まずは読者目線から見たの質の高い記事の特徴です。

読者目線から見た質の高い記事の特徴

読み飛ばしても必要な情報が手に入り、簡単に理解できる記事。

上記の様な読者目線で質の高い記事を書くためには3つのポイントを意識しておく必要があります。

ここで紹介する3つのポイントのうちどれか1つでも忘れてしまうと、読者から「質の低いブログ」と思われてしまい、二度とあなたのブログに来てくれなく夏までしまう可能性があります。

質問に答えてくれる

読者目線で質の高い記事を書くためには、必ず質問に答る必要があります。

ここでいう「質問に答える」とは、読者の検索クエリに対する答えを提示するということです。
※検索クエリとは検索エンジン両者が実際に検索窓に打ち込んだキーワードのこと。

記事の読者は、検索クエリの答えが欲しくてあなたの記事を読みます

せっかく時間を割いてあなたの記事を読んでいるのに明確な答えが得られなければあなたの記事は当然「質の悪い記事」と判断されます。

なので、ブログ記事を書く際は、キーワードに対する答えをなるべく早く読者に教えるように心がけましょう。

読みやすい

読者目線の質の高い記事の2つ目の特徴は、読みやすい記事です。

読者の質問に答えてくれる様な記事を書いていたとしても、文章が読みづらければ読者はあなたの記事からすぐに離脱してしまいます。

なので、ハイライトをつける・フォントカラーを変える・トピックごとに見出しを分けるなどして読者が読みやすい記事を書く様に心掛ける必要があります。

分かりやすい

読者目線の質の高い記事の3つ目の特徴は、分かりやすい記事です。

質問に対する答えがあって読みやすいとしても、内容が理解しづらければ読者が求めている回答を理解できません

なので、記事を書く際は論理的に筋が通った分かりやすい記事を、ブログ記事執筆の基本となる構成に沿って書く必要があります。

まとめると、

   読者目線で見た質の高い記事は読み飛ばしても必要な情報が手に入り、簡単に理解できる記事で、これを実現するためには質問に答える読みやすい分かりやすいを意識する必要があります。

どのポイントもブログのリピーターやファンを作る上では必須のポイントなので必ず覚えておきましょう。

ブログ運営者目線の特徴

次はブログ運営者目線で見た場合の質の高い記事の特徴です。 

ブログ運営者目線の質の高い記事

トップページは情報が整理され成約ページに誘導してくれる、集客記事はアクセスが集まる記事、成約記事はCVRが高い記事。

ブログ運営者目線でみた質の高い記事の特徴は上記の通りです。

読者目線と違うのはトップページ・集客記事・成約記事で明確に定義を分けている事。

読者目線では、とにかく「簡単に欲しい情報が手に入る」のであれば問題ありませんでした。

ただ、ブログ運営者目線からすれば集まったアクセスを収益に変えなければ意味がありません

なので記事の役割ごとに質の高い記事の定義を分けて、その特徴に合う記事を書く必要があります。

トップページの特徴

トップページでは情報が整理されていて、成約ページに誘導してくれるページが、質の高いページです。

この特徴から分かる通り、質の高いトップページには「情報が整理されている」と、「成約ページに誘導してくれる」という2つの特徴があります。

というのも、トップページには2つの役割があるからです。

その1つ目の役割が、読者にあなたのブログがどんな情報を提供しているのかを教えて、必要な情報に簡単にアクセスできる様にする事です。

この役割を果たすためにはトップページで紹介されている情報が綺麗に整理されている必要があります。

そのためには記事のカテゴリー分け・最新記事・自己紹介記事を綺麗に整理して、読者が欲しい情報・興味がある情報に簡単にアクセスできる様にしておく必要があります。

そして2つ目の役割は、あなた自身に興味がある読者を確実に収益の導線に乗せるという役割です。

ブログのトップページに来る読者は高い確率であなた自身に興味を持っています

あなた自身に興味を持っているということは、あなたが何者なのか・どんな目的や意識でブログを運営しているのかをしっかり説明できれば、あなたを信じてくれる可能性が高いです

セールスライティングの基本でもセールスページを読まない・信じない・行動しないという3つの壁があり、ブログ記事を通してあなたから商品を買ってもらうためにはまずあなたを信じて貰う必要があります。

なので、トップページに来た人にはあなた自身のことを説明する記事に誘導して、その記事の最後にメルマガ・LINE@に登録してもらったり、SNSのフォロワーになってもらう仕組みを作っておくと良いです。

メルマガ・LINE@・SNSで繋がった読者は商品を買ってくれる可能性が高いのでそこに誘導できる仕組みをトップページに設計しましょう。

集客記事の特徴

集客記事ではアクセスが集まる記事が質の高い記事です。

当然と言えば当然ですが、「集客記事」と言うくらいなので、アクセスが集まらなければ意味がありません

アクセスを集めるためには記事が検索結果の上位に表示される必要があるので、質の高い記事は必然的に「上位表示される」と言う特徴をも持っています。

もしくは、SNSでバズることも沢山のアクセスを集める事に繋がるので、上位表示されなかったとしてもSNSでバズるという特徴がある場合も質の高い記事と言えます。

更にいうと、いくらアクセスが集まってもその記事だけ読んで直ぐにブログから離脱されてしまったら意味がありません。

なので、記事が読者にして欲しい行動を確実にしてもらえると言う特徴も備えておく必要があります。

質の高い集客記事の特徴まとめ

検索結果で上位表示される。

SNSでバズる。

読者にして欲しい行動を確実にさせる。

成約記事の特徴

成約記事で質の高い記事はCVRが高いという特徴があります。

CVRとはConversion Rate(コンバージョン率)の略で、成約率の事です。
※CVR=成約数/アクセス数

成約ページの目的は商品を売る事なので、集めたアクセスを高い確率で収益に変えてくれる記事が質の高い記事と言えます。

高い成約率のページを作るためには必要なスキルや知識がいくつかありますが、その詳細は次の見出しで紹介します。

質の高い記事作りのための意識・必要な能力

質の高い記事のための意識・能力

最後に、質の高い記事を書くためにトップページ・集客記事・成約記事それぞれで意識することや、必要なスキルや知識について紹介します。

ここで紹介する意識・スキル・知識を元に記事を書く様にすれば、必然的に読者目線でしたの高い記事を書ける様になります。

トップページの場合

まずはトップページを作る上で意識することと、必要なスキル・知識です。

トップページづくりに必要な意識とスキル・知識

情報を整理しておく

必要な能力は整理整頓・トップページの作り方ノウハウ

質の高いトップページを作る上で必要な意識は「情報を整理する」ことです。

ブログ運営者目線の質の高い記事の部分で紹介した通り、トップページの役割は読者が必要とする情報に簡単にアクセスできる様になることと、収益化の導線に確実に乗せることでした。

読者が求める情報に簡単にアクセスできる様にするためには、あなたのブログの情報が集まっているトップページを見やすく・使いやすく整理しておく必要があります。

ワードプレスでブログを運営している方であれば、今手に入るテーマはある程度トップページも使いやすい様に整っています。

それでも、あなたが発信している情報やマネタイズの方法によって最適なトップページの作り方は変わります。

なので、あなたのブログやビジネスの特徴に応じてトップページを最適化しましょう。

集客ページの場合

次は質の高い集客記事を作る上ではなく必要な意識とスキル・知識です。

集客記事づくりに必要な意識とスキル・知識

上位表示・バズ・完読を目指すこと。

必要な知識はSEO、バズる記事作り、質の高い記事の作り方

質の高い集客記事作りで意識することは検索結果で上位表示される・バズ・完読される記事作りを目指すことです。

すでに紹介した通り集客記事はアクセスを集めてなんぼなので、上位表示される記事を作ることを考える必要があります。

そのためにはSEOの知識は必須です。検索エンジンにどんな記事が評価されるのかを理解して記事を書きましょう。

そして、バズる記事を書くためにはTwitterでリツイートされたりいいねされやすい記事の特徴も知っておく必要があります。

最後に完読される記事作りも目指す必要があります。

これに関しては、この記事でも紹介した質問に答える読みやすい分かりやすいというポイントを押さえれば完読される記事作りができます

成約記事の場合

最後は質の高い成約記事作りには必要な意識やスキル・知識です。

性やう記事づくりに必要な意識やスキル・意識

CVRの向上を目指す

必要な知識はセールスライティング・コピーライティング・マイクラコピーライティング

質の高い成約記事わ作る時はCVR向上を目指しましょう

「CVR=成約数/アクセス数」で決まり、アクセス数は集客ページやトップページからのアクセス数で決まります。

なので、成約記事で考えることは「成約数を増やす事」です。

アクセスしてきたブログの読者を確実に成約させるためには、セールスライティングコピーライティングマイクラコピーライティングなどのスキルや知識が必要になります。

セールスには一定の方があるのでこのライティング方法をしっかりと学んでCVRが高い記事作りを目指しましょう。

まとめ

まとめ

この記事では読者目線・ブログ運営者目線の2つの視点から、更にブログ運営者目線では記事のタイプごとに質の高い記事の特徴を紹介しました。

質の高い記事を作る時はブログ運営者目線の質の高い記事で紹介した意識を元に、必要なスキルや知識を使います。

ただ、記事を読むのは読者なので、記事が完成したら必ず読者目線になって質の高い記事になってあるかを確認しましょう。

  • この記事を書いた人

SHINJI

早稲田大学商学部卒。Webメディア運営・マーケティング・目標達成の情報発信しています。大学卒業後ダンサー→独学でアフィリエイター→Web広告コンサル会社に勤務→今。三代目JSB・Bruno Mars・乃木坂46が好き。

-ブログ
-, , ,

Copyright© STYLE GENERATION , 2019 All Rights Reserved.