〜感動が集まり、感動の瞬間を作る人を生み出すメディア〜

STYLE GENERATION

ブログ

【12種類一挙公開】ブログで稼げるジャンル【選び方のワークフロー付き】

投稿日:

こんな方におすすめ

  • アフィリブログで稼げるジャンルが知りたい。
  • アドセンスブログで稼げるジャンルが知りたい。
  • 稼げるジャンル選びの際の注意点。

結論

ブログジャンル選びはYMYLに注意し、ジャンルの特徴・業界動向・自己分析から選ぶ!

これからブログを始めようと思った時に、最初にぶち当たる壁が、「どのジャンルの記事を書くか?」です。

この問題は「ブログは稼げる」という事実が広く浸透している2019年時点でも、まだここで躓く方が沢山います。

そこでこの記事では、これからブログを始めようと思っている方に向けて、ブログのジャンル選びに必要なポイントと、実際に稼ぎやすいと言われているジャンルなどを紹介していきます。

ジャンル選びはブログで稼げる額を左右する非常に重要な作業なので、この記事で紹介する内容を確実に押さえておきましょう。

またこの記事の内容は、Googleが発表する「品質評価ガイドライン」の内容や、30代で億単位の資産を築いたジェームス・スキナー氏の『寝ながら稼ぐ』の内容も元に作成しています。

SEO上必要になる考え方や、余計な労力をかけずに稼ぐための考え方も考慮した情報になっています。

ブログで稼げるジャンル選びのポイント

ジャンル選びのポイント

まずはブログで稼げるジャンル選びのポイントを紹介します。

このポイントを押さえていないと、そのジャンル自体が収益につながりやすいものだとしても、一向に稼ぐとことが出来なくなることもあるのでしっかり理解しておく必要があります。

ここで紹介するジャンル選びは、ブログでどんな方法で稼ぐかによって変わります

ブログで稼ぐ方法には20種類近くありますが、どの方法も大きく分けると「商品・サービスの販売」と「広告枠の販売」のどちらかに分類されます。

【完全網羅】ブログで稼ぐ方法11個を全て紹介!

このどちらの方法で稼ぐか、もしくはどちらの方法を重視してブログで稼ぐかによって、ジャンル選びのポイントは変わるので、このことをしっかり理解しておきましょう。

商品・サービスを売る場合

商品・サービスを販売する場合のブログのジャンル選びは3つのポイントから行います。

ジャンル選びのポイント

ジャンルの特徴

業界動向

自己分析

1つずつ詳細を確認していきましょう!

ジャンルの特徴。

1つ目はジャンルの特徴です。

ジャンルの特徴

悩みが深い

報酬単価が高い

商品やサービスを販売するブログで稼げるジャンルの1つ目の特徴は、悩みが深いこと(コンプレックス商材)です。

これはブログ(インターネット)の特徴で、ブログで商品を購入する時は、直接店頭で店員に「この人この商品買うんだ、、、」と思われる心配がありません

そのため、ブログ上での売買には悩みが深く人に相談しづらいコンプレックス商材は稼ぎやすいジャンルの特徴の1と言えます。

2つ目の特徴は報酬単価が高いことです。

これは自分の商品やサービスではなく、他の事業主(広告主)の商品を販売するアフィリエイトの場合のポイントで、報酬単価が低いよりも報酬単価が高いジャンルを選んだ方が稼ぎやすいジャンルとなります。

報酬単価が高ジャンルは物販(物販はアフィリエイト含む)よりも、サービス業の方が多い傾向があります。

案件によって報酬単価は変わるので一概には言えませんが、上記の傾向を元にジャンルを選ぶと良いです。

業界動向

2つ目のポイントは、業界動向です。

業界動向の確認事項

成長業界(市場規模や検索数が拡大している)

競合が少ない or 競合が弱い

ブログで稼いでいくには、まずその業界の市場規模が拡大している方が稼ぎやすいです。

市場規模が拡大していると言うことは、その業界で売られている商品を求めている人(=需要)がどんどん増えていると言うことです。

需要が高まれば今後継続的に商品が販売でき、その数も増えていくことが予想されるので、収益の拡大も見込めます。

ただ、市場規模が拡大していてもネットでの検索数が上昇していなければ意味がないので、検索数の動向も必ず確認しましょう。

また、競合が少ない or 競合が弱いと言うことは、無駄な競争をせずに商品を販売できると言うことです。

ここで言う「競合が少ない or 競合が弱い」とは検索結果に表示される記事の質によって判断できます

「質の高い記事」の書き方や競合分析の方法に関する記事のリンクを貼っておくので、これを元に競合ブログ記事の分析をしてみて下さい。

2つの目線】質の高い記事の特徴【ブログ記事の目的も理解】

成長市場で競合が少ないジャンルを選ぶには、常に新しい情報にアンテナを張って、いち早くブログを立ち上げる必要があります。

ただ一度ブログを完成させて稼げるようになればその後の収益は安定するので、新しい情報に目を光らせておきましょう。

自己分析

3つ目の特徴は自己分析からです

自己分析の方法

あなたの得意分野・成果を出せるジャンルは?

あなたがこれから真剣に勉強したいジャンルは?

ブログで稼げるジャンル選びには上記の2つの自己分析をします。

1つ目はあなたの得意分野や成果を出せるジャンルを考えることです。

何かの専門性を持っていて、成果を出す方法を知っているのであれば、そのスキルは他の人にとって大きな価値があります。

そのノウハウに関する記事を書いて、関連する商品を販売したり、コンサルティングを受注して収入を得ましょう。

2つ目はあなたがこれから真剣に勉強しようと思っているジャンルで、これは今現在人に提供できるスキルがない方向けの項目です。

今までに何か大きな成果を出したことがない方でも、ブログ記事の執筆を通して勉強していければ問題はありません。

ちなみに、Googleの検索アルゴリズムは情報の信頼性を重視していて、信頼できない情報は検索上位に表示されずらくなっています。

ここで、「何も成果を残せていない人の情報は、上位表示されづらいのでは?」と心配される方もいます。

でも、これは「専門家の書籍やサイトの情報を引用する」という方法でクリアできるので問題ありません。

広告枠を販売する場合

次は、商品・サービス販売ではなく、広告枠を販売する方法でブログで稼ぐ場合のジャンルの選び方で、Googleアドセンス純広告で稼ぐ場合が当てはまります。

広告枠を販売して稼げるようになるには「注目を集める」必要があります。

なぜなら広告はターゲットとなる見込み客にリーチする(広告を見られる)ことで始めて機能するからです。

ブログで注目を集められるかを判断するためには、商品・サービス販売ブログのジャンル選びで紹介した項目の中から判断できます。

広告枠販売のジャンル選び

業界動向

自己分析

業界動向

1つ目のポイントは業界動向です。

業界動向の分析法

検索数の動向

競合のが少ない or 弱い

ブログで広告枠を販売して稼ぎたい場合に見るべき1つ目の業界動向は「検索数の動向」です。

ブログの主なアクセス源は検索エンジンなので、沢山の人が検索している事が必須になります。

なぜなら、そのジャンルのキーワードで上位表示されれば記事が沢山読まれ、それだけの注目が集まるので広告枠としての価値が高くなり、あなたのブログの広告枠を使ってもらいやすくなります

そして、商品・サービス販売と同じように、競合が少ない or 弱いジャンルを探しましょう。

これま検索エンジンからのアクセスを集めるためには検索結果で上位表示される必要があるからです。

どんなに検索数が多くても、競合他社が強すぎて上位表示されずあなたの記事が上位表示されなければ意味がないので、競合分析もしっかりしましょう。

自己分析

2つ目のポイントも商品・サービス販売の時と同様に自己分析です。

ただ、広告枠の販売で稼ぐ場合の自己分析の項目は「人と違う経験をしているか?」です。

人と違う経験やそのエピソードは当然注目を集めます

ここまでにも説明している通り、注目が集まるということは広告枠として高い価値を生むので、そのエピソードを発信することで広告枠販売で稼げます。

ブログで稼げるジャンルの例

ブログで稼ぎやすいジャンル

ここまではブログで稼げるジャンルの特徴を紹介してきましたが、次は稼げるジャンルの具体例を紹介します。

商品・サービス販売で稼げるジャンル

転職

投資

仮想通貨・FX

保険

不動産

ハゲ

ダイエット

美容整形

エステ

脱毛サロン

英語教育

プログラミングスクール

これらのジャンルはお金(収入源)・人の見た目に関わるジャンルで、「悩みが深い(コンプレックス商材)」に関わるジャンルでブログで稼ぎやすいです。

要は、リアルの生活で人に相談しづらいジャンルはネットで検索して自分の悩みを解決しようとするので、その情報を発信できればアフィリエイト報酬を得やすいということです。

最後の2つの英語教育とプログラミングスクールは直接お金に関わるジャンルではありません。

ただ、2019年時点でもグローバル化・プログラミング人材不足・副業解禁・クラウドソーシングの需要拡大などから、市場が拡大しているので稼ぎやすい傾向にあります。

広告枠販売用ジャンル

心理学

恋愛(セックス含む)

芸能関係(ゴシップ含む)

自分自身の珍しい経験を発信するブログ

ブログで広告枠を販売することで稼ぐのを考えるのであれば、上記のようなジャンルを攻めるのが良いです。

心理学・恋愛・芸能関係は商品販売しようとしても、どうしても読者に対するメディアの信頼性が確保しづらいです。

また、高額で販売できる商品も沢山あるわけではないので物販で稼ぐ事も難しくなります。

当然信頼できないメディアからは商品は買われづらいので、商品販売には向かないジャンルです。

ただ、上記のジャンルは日常生活の中で人に直接相談したり話しづらいジャンルなので、常に一定の検索が見込めて広告枠としてもしっかり機能します。

 4つ目の「自分自身の珍しい経験」については、SEOでアクセスを集めるのは難しですが、SNSやYoutubeなどと連携してファンを集めて、そこからアクセスを獲得できればPV数も確保でき、広告収入を得られるようになります。

ジャンル選定の際の注意点:YMYL

YMYLは要注意

ジャンル選びでは、YMYLに関わるジャンルについては注意が必要です。

YMYLとは「Your Money Your Life」の略で、Googleの「検索品質評価ガイドライン」で明言されている情報の取り扱いに要注意すべき内容です。

このジャンルに関する情報をブログで発信する場合は、ここで紹介する内容に特に注意して記事を書くようにしましょう。

検索品質評価ガイドラインの記述

まずはGoogleが公表している「検索品質評価ガイドライン」を確認しましょう。

【品質評価ガイドライン(和訳)

PQPage Quality: ページ品質)が特に重要なページもあります。このようなページをYour Money or Your Life(お金や生活) YMYLと呼びます。YMYLは、現在あるいは将来の幸福や健康的な生活(身体的、経済的、安全性など)に大きな影響を与える可能性があるページです。YMYLページは、信頼できるサイトに掲載されるべきで、そのコンテンツは高度な専門性と権威とともに作られていなければなりません。

上記のように、YMYLに関わる情報を扱うページについては、ページの品質に対する評価が厳しくなっています。

検索品質評価ガイドライン

引用元:検索品質評価ガイドライン アイレップ私訳版

キャプチャは「品質評価ガイドライン」の原文を日本語訳したPDFのキャプチャです。

ここに挙げられている将来的な幸福・健康・金銭的な安定性に関わるジャンルについては、情報の扱い方に十分配慮する必要があるとしています。

また、これらのジャンルの中でも特に規制が厳しくなっているのが「医療・健康」分野です。

これらのジャンルでは特に情報の信頼性を重視して、権威性が判断しやすいソース(公共の研究機関・企業・病院など)が上位表示されています。

実際に「生活習慣病 予防方法」と検索してみると、検索結果の1ページ目は以下の通りになっています。

検索結果1ページ目

1ページ目には国の機関・法人・協会のページが多数。

表示順位 メディアの運営主体
1位 厚生労働省
2位 一般社団法人日本生活習慣病予防協会
3位 オムロングループ
4位 公益社団法人長寿科学振興財団
5位 一般社団法人東広島地区医師会
6位 よつば循環器科クリニック
7位 ホンダ健康保険組合
8位 スマート・ライフ・プロジェクト 事務局(厚生労働省健康局健康課による運営)
9位 金沢医科大学
10位 全国健康保険組合

上記の表を見て頂ければ分かる通り、「生活習慣病 予防方法」という人の健康に関わる情報の検索結果の1ページめには国の機関・法人・病院・医科大学などのページが表示されています。

ここに一般人のブログが食い込むことは不可能と考えた方が良いので、他のジャンルで情報発信するようにしましょう。

YMYLジャンルではどう情報発信すればいいのか?

「検索品質評価ガイドライン」を見ると、YMYLに関わるジャンルの情報を発信する際は、PQ(Page Quality)を確保するために、ページの信頼性・情報の専門性・情報源の権威性の、3つが求められていることがわかります。

つまり、Googleがアルゴリズム作成の基本方針として掲げているE-A-Tに沿って記事を書くということです。

ただ、アルゴリズムの基本方針には「情報の網羅性」も含まれています

なので、YMYLに関わる情報を発信する際は、必ず以下の4項目を意識して記事を書きましょう。

YMYL関係記事で意識すること

情報源の信頼性

情報源の権威性

情報の専門性

情報の網羅性

あなたに合うブログのジャンルを選んでみよう。

ジャンルを選んでみよう

最後にあなたがブログを始める上で最適なジャンルを選ぶワークフローを作ったので、以下の4つの質問に答えて、ジャンルを選びましょう。

ジャンル選びのフロー

  1. あなたが「得意なこと、成果を出せること」は?
  2. 「1.」に当てはまるものがない場合、「真剣に勉強したいと思っていること」は何ですか?
  3. 「1.」か「2.」で書き出したジャンルの中で、市場規模が拡大しているものは何ですか?
    市場規模や成長度は「〇〇 市場規模」などで調べられます。
  4. 「3.」の答えの中で、競合が弱いジャンルはどれですか?

この質問を通して残ったジャンルがあなたがブログのテーマにすべきジャンルです。

ここまでの質問で残ったジャンルは1つだけかもしれませんし、複数あるかもしれません。

答えが1つだけの場合にはそのジャンルの記事の執筆に集中すればいいですし、複数ある場合には最も収益性が高そうなジャンルから記事の執筆を始めましょう。

収益性が高い見込みがあるジャンルから始める理由は、「そのジャンルから得た資金を次の記事執筆に当てることで、収益をスピーディーに拡大できるから」です。

ビジネスや投資からの収益拡大の基本は「利益を再投資に回して、将来得られる利益を拡大すること」です。

なので、早く収益を上げて、そこから得た資金を記事執筆の外注・新しいツールの導入に使い、更に大きな収益を上げられるようにしましょう。

 まとめ

まとめ

今回はブログで稼げるジャンルについて紹介しました。

ジャンルを選ぶ際は商品・サービスを販売したいのか、広告枠を販売したいのかで選び方が変わります

それぞれのジャンルで収入を得やすいジャンルもある程度決まっているので、基本的には稼ぎやすいジャンルからあなたのブログのジャンルを選び、競合ブログよりも質の高い記事を書くようにしましょう。

もし稼ぎやすいジャンルにあなたの得意ジャンルや興味があるジャンルがなければ、あなたが得意なジャンルについて本を読むなどして自分が持っている情報の質を高めてから情報発信しましょう。

今はブログで稼ぐ方法はいくらでもあるので、あなたの得意分野をお金に変えられる方法を考えてみましょう。

【完全網羅】ブログで稼ぐ方法11個を全て紹介!

END

  • この記事を書いた人

SHINJI

早稲田大学商学部卒。Webメディア運営・マーケティング・目標達成の情報発信しています。大学卒業後ダンサー→独学でアフィリエイター→Web広告コンサル会社に勤務→今。三代目JSB・Bruno Mars・乃木坂46が好き。

-ブログ
-, ,

Copyright© STYLE GENERATION , 2019 All Rights Reserved.