〜感動が集まり、感動の瞬間を作る人を生み出すメディア〜

STYLE GENERATION

ブログ

【頭身体の3拍子】ブログを続けるコツ【逃げ道は無いので本質を大切に】

投稿日:2019年7月4日 更新日:

ブログを続けるコツ

こんな方におすすめ

  • ブログを継続するコツが知りたい方
  • ブログが続かない理由が知りたい方。

結論

継続しない理由を知り、その対策方法となる本質論・精神論・テクニック論を実践すればブログは無理なく継続できる!

ブログを始めたばかりの頃ってなかなか毎日記事を書くのって難しいですよね?

僕も本格的な収入を得るためにブログを始めた時は「あぁ、記事書かなきゃ…」「全然お金にならない…」と悩むことも多く、なかなか記事の執筆が進みませんでした。

そんなブログ初心者でなかなか継続できない方向けにブログを継続する方法と、そもそもブログを継続できない理由を紹介します。

また、この記事で紹介する内容は

何で継続できないんだろう?

続かない理由

次は「なぜブログが継続できなくなるのか?」を紹介します。

ブログを始めるとどうしても、

「記事を書くのが面倒くさい、、、」

「何を書けば良いのかわからない、、、」

「記事の内容に自信がない、、、」

「なかなか時間がなくて、、、」

となっていしまい、なかなかブログ記事を更新できない人が沢山います。

オレも最初そうでした。ブログを開設してから1週間くらいは800010000文字くらいの記事を10記事頑張って書いたのに、そのあとまんまと「あ〜、、、だるい。記事更新するのめんどい。」となり1ヶ月半くらい放置しました。

これではいつまで経ってもブログのファンやリピーターはつかないし、ファンやリピーターが付かずPV数が上がらなければ当然ブログから収入を得ることは出来ません。

ここで紹介する原因がわかっていれば、この原因を回避する方法を知って、継続的に無理なく(ストレスを抱えることなく)愚直に更新するようにすればよいだけです。

書いてる分野が好きではない。

ブログを継続できない1つ目の理由は、書いている分野のことを好きになれないこと。

直感的にわかると思いますが、好きじゃないことを「続けろ!」と言われたら誰だって精神的に苦痛ですよね?

ブログに限らず、大前提として人は嫌いな事は誰になんと言われようと続きません。

それと同じで、ブログも自分が書いていることが好きじゃなければ続きません。

せっかくあなたが好きな事をブログという形でも仕事にできて収入を得ることが出来るのに、わざわざ好きでもないことをブログのテーマに選んで記事を更新し続ける必要はありません。

せっかくブログをやるなら誰よりも好きになれるジャンルを選んで、他のどのブログよりも詳しい内容を書けるようになりましょう

今はブログのマネタイズの方法はアフィリエイト・アドセンス・オンラインサロンなど、いくらでもあります。

【完全網羅】ブログで稼ぐ方法11個を全て紹介!

どうせブログやるなら「これさえできればいつ死んでもいい!」レベルに好きなジャンルを選んで、それを最大限収益化出来る方法を選びましょう

目に見える成果がすぐに出ない

ブログを継続できない2つ目の原因は、目に見える成果がすぐに出ないこと。

ブログは書いても成果(収益やアクセス数アップ)が出るまでに時間がかかります。というのも、検索エンジンに評価されて検索上位に表示されるまでは最低3ヶ月くらいかかるからです。

その3ヶ月間は目に見える成果も出ないまま記事を書き続けるという、なかなか酷な時間が続きます。

また、記事が上位表示されるようになったら次はリライト作業が続き、より質の高い記事を目指して記事を書き直していく作業が続きます。

勘がいい人は3ヶ月目くらいから初報酬も発生します。一方で、なかなか芽が出ないこともあるので、そのつらい時期を耐え抜く忍耐力が必要になります。

でもこの期間を耐え抜くことが出来ずにすぐに諦めてしまう人がほとんど

つらい時期を乗り越えて1円でも報酬が発生するようになれば、「0→1」は完了。0→1」が一番つらい時期で「1→10」や「10→100」などはほとんど同じことの繰り返しです。

0→1」ができればアウトソースして人に任せれば自分の稼働時間を減らしつつ収益を拡大していくことも可能ですが、個々を乗り越えられずに結果が出ず、「これホントにやる意味あんのかな?」と疑問を感じてしまいやめてしまう人が非常に多いです。

このきつい時期を越えてこそのちの大きな成功があるので、0→1」を耐え抜けるように頑張りましょう

そもそも淡々と作業することが向いてない。

ブログを継続できない3つ目の理由は、そもそも淡々と作業することが向いていないことです。

ブログは基本的に孤独な戦いで、キーワード選びも、記事のプロットづくりも、本文執筆も、誤字脱字チェックも、画像の選定も、基本的には全部1人でやります

どこかのオンラインサロンに参加して仲間がいて情報交換したり雑談できるとしても、実際の作業基本的には全て自分でこなしていくので、1人で淡々と作業を続ける必要があります。

なので、淡々とした作業を続けるのが性に合わない人はブログ向きではなく、ブログをずっと継続するのは難しいです

これはプロ野球選手に「サッカーやれ!」と言っているようなもので、得意でもないことを一生続けなさいと言っていることと同じことです。

ブログが嫌なら、今はyoutubeInstagram・ツイッターなどでも情報発信できます。

黙々と文字を「書く」のが苦手という方は、今は「しゃべる」「イメージで訴える」という方法でも十分情報発信できるので、ブログ以外の方法を探すことも考えましょう。

記事を書く時間がない・忙しい

ブログが続かない4つ目の理由は、記事を書く時間がないことや忙しくて記事が書けなくなることです。

ちょっと厳しいことを言いますが、これは言い訳です。

「時間がないから…」、「忙しいか…」という理由で記事を書かない・ブログを更新しないという方はほぼ100%言い訳に走っています。

この場合は何とかして時間を作るしかありません

僕自身も最初はこの言い訳に陥っていたこともあって、「今日は情報収集に時間がかかったから…」「今日は情報まとめないといけないから…」という、もっともらしい理由をつけて記事を更新しない日がありました。

でも、この小さな「サボり」が積み重なっていくうちに2週間くらい経ってしまい、その間1記事もかけませんでした。

でも、これに気づいてからは時間は作るものという意識が働くようになり、記事を書けるよになりました。

後ほど時間の作り方も紹介しますが、「忙しい」「時間がない」という理由でブログを更新できていない方は要注意です…!

ブログを続け方法:本質編

ブログを続ける本質的な方法

ブログが続かないのはきつい・黙々と作業するのが苦手などいろんな原因があることを紹介しました。

でもブログのやり方も工夫をすれば継続できるようになります。

ブログに限らず物事を継続する方法はいろいろありますが、まずは続けるための本質的な方法を紹介します。

この方法が実践できなければ次紹介する「精神論」や「テクニック」だけ実践しても一向にブログの更新はできません。

目的・目標を超明確にする

当たり前のこととして、ブログに限らず何をやるにしても目的と目標は超重要です!

目的と目標の違い

目的:最終的なゴール・あなたが目指す人としての在り方のこと。

目標:目的を果たすための途中経過。

この2つを明確にすることは今後のあなたの行動計画を超具体的にして、いつまでにどれだけの成果を出せば良いのかという道標を作ってくれます

そして、目的と目標をしっかり立てられると無駄な行動が減ってなりたい自分に一直線に進めます

目的・目標の設定や目標達成の方法について、下記の記事詳しく紹介していますが、ここでも簡単に紹介します!

【確率アップ】目標達成を実現する考え方と方法

まずは目的を超明確に

まずはブログを書く目的や目標を超具体的に、明確にしましょう。

目的を超明確にする方法

自分がワクワクする事を探す。

自分や世の中が「こうなったらいいな」を超具体的に思い描く。

まずは自分自身がワクワク出来る目的を設定しましょう。「目的」という固い言い回しが嫌なら「夢を描く」という考え方でもいいです。

目的や夢は何でも良いです。あなたが心からわくわくすることをイメージしてください。

この目的(ブログで稼いだ先の人としての在り方・暮らし方)がものすごくクリアに思い描けている人は、まずその目的自体を思い描くのにものすごい時間を割いていて、その目的や夢に愛着を持っています

愛着を持てる目的超具体的に思い描ければ、日々の仕事を飽きずに楽しめるようになる。これを忘れずに、これからブログを続ける理由をまずは具体的に考えましょう。

ブログの目的を描く時にめっちゃ重要なのが、「いつまでに達成するか」と「目的を数値化する」こと。

何をするのも「期限を区切る」のは超重要。期限のないプロジェクトは、あってないようなもの。必ず期限を区切ろう。

そして、達成できたのか出来ていないのかをしっかり判定するためにも「目的を数値化」しましょう。

ブログ運営の目的を数値化する方法

毎月・毎週・毎日ブログに割く時間を明確化する。

ブログからの目標月収を明確化する。

これが明確になればブログを始める多くの動機である、「不労所得が欲しい」の具体的な目的は作れます

異なる観点からリタイヤについて考えるべきだと言っているのだ。
一日の時間の80%を、お金を手に入れることに費やし、そして20%を楽しみのために費やす生活の代わりに、1日の20%を仕事に、そして80%を楽しみのために使うのである。しかもお金の心配をせずにである。(中略)
リタイヤ後の生活を心から楽しむためにいくら貯蓄しておかなければならないかを計算しよう。

出典:マーク・モーガン・フォード(2017年)『大富豪の投資術』ダイレクト出版(p81)

ダイレクト・レスポンス・マーケティングや出版のコンサルタントを行うマーク・モーガン・フォード(マイケル・マスターソン)は、「お金を稼いでリタイヤするために必要な金額を計算しておきましょう。」と言っています。

これも「お金の心配をせずにリタイヤ語の生活を謳歌する」という目的を果たすために、必要な金額を数値化することから始まっていることがわかります。

これと同じように、あなたが「なぜブログを始めるのか?」という目的を超明確に思い描いた上で、その目的をいつまでに達成するか(期間)と、その目的を達成するために必要な金額を具体的にしておきましょう!

目標を明確にする

目的(最終的なゴール)が明確になったらそれをいつまでに達成するかを区切って、短期的な目標に落とし込みます

この作業も死ぬほど重要。目的が超具体的に描けたとしても、目的を達成するまでの道標が無いと進捗を追えません

進捗が追えないことも目標達成できない1つの原因。大きな目標を追うほど途中経過を見て、目的に近づけているかを確認する必要がある。

ポイントは月間・週間・1日の目標(タスク)まで落とし込むこと

「タスク」というと「義務感」が出るかもしれないですが、本当に自分がなりたい目標から落とし込んだタスクなら達成したくなるはずです。

設定した目的を達成するための道標として、毎月・毎週・毎日の目標を設定して、その目標を日々確実に達成していけば、間違いなくあなたの目的を果たすことは出来ます。

このように最終目的とそれを達成するための途中経過(目標)を明確に数値化して、確実に達成していくことであなたが目指す生活は手に入れることができます。

好きなジャンルを選ぶ

ブログを続けるためにはあなたが本当に好きになれるジャンルを選ぶことも大切です。

ブログを運営するということは、新しい記事を投稿したり記事をリライトして質を高めたり、ブログ内部のリンク構造を改善し続けるということをずっとやり続けるということです。

この作業は慣れていない人からすると非常に地味に見える作業で、継続が難しいことです。

ただでさえ地味な作業をやり続けるのに、自分が好きでもないジャンルの記事を書いていればストレスが貯まり、早いうちにブログの更新を断念してしまうようになります。

逆に言えばどんなジャンルのブログでも、続けていれば自然とライバルが減っていくので、ブログの運営を続けられるだけでも他のブログに対する大きな強みになります。

あなたが好きなジャンルであればいくらでも情報収集して、新しく得た知識を整理して発信することも楽しくなります。

ブログを更新することが自分のスキルや知識の向上に直結して、そこから収入を得られるのであればこんなに幸せなことはないですよね?

なので、ブログで発信する情報はあなたがいつまででも情報収集して、「スキルを高めていきたい!」と思えるものを選びましょう

仲間を作る

ブログ仲間を作ることもブログを続ける良い方法です。

まず、ブログを仲間とやることのメリット・デメリットブログを一人でやることのメリット・デメリットを整理しました。

ポイント

成功事例を共有できる。

進捗を確認し合える。

定期的に人と話すことでモチベーションを維持できる。

ポイント

自分のやるべき事だけには集中できない。

一緒にやる仲間を選び間違えるとなあなあになる。

ポイント

自分のやるべきことに集中できる。

スケジュール管理は全て自由。

完全に自分のペースで仕事に取り組める。

ポイント

ほとんどの人はやるべきことを後回しにし始める。

自己管理能力がないと長続きしない。

その結果いつまで経っても結果が出せない。

結果が出ないのでブログ更新が滞る。

そのうちブログの存在を意識的に忘れようとする。

その結果収入も得られなくなる。

必要な情報を全て一人で集める必要がある。

周りのペースに飲まれる可能性がある。

一度負のスパイラルに入ると地獄。

ブログを一人でやるメリットを上げていますが、要するにメリットは「自由」。誰にも邪魔されず、完全に一人で自由に仕事ができるようになるのが一人でやることのメリットです。

もちろんブログの運営方法やどうやれば効率的に結果を出せるかをしっかり把握できていたり、自己管理能力が高いのであれば一人でやっても全く問題ありません。

でも、ブログ運営を始めた当初は誰でも初心者で、何からやれば良いのか分からず困惑いているもの。

そんな状況で全て自分で情報収集してやろうとしても本当にやるべきことをやらずに、無駄なことばかりやって結果が出る(収益が上がる)までに時間がかかりすぎて、ブログをやらなくなるのがオチです。

ブログに限ったことではないですが、何かを一人でやると全て自分の管理で出来るので「自由に動ける」というメリットがあります。

ただ、このメリットはその分野での動き方・稼ぎ方を理解できている人が手にすべきことです。

何も知らない人が自由にやろうとすればただ遠回りして、いつまで経っても求めている結果を手にすることが出来ないだけなので、ブログの運営もできるだけ仲間と一緒に始めるようにしましょう。

ちなみに、ブログ仲間を作る方法はここに上げる5つが考えられるので、この中からあなたにもできそうな方法で仲間を作ってからブログを作始めることをオススメします。

ブログ仲間を作る方法

オンラインサロンに入会する

私塾に入ってみる

ウェブ系のセミナーで仲間を探す

旧知の知人に声をかけてみる

本業で知り合った人で興味ありそうな人に声をかけてみる

これからブログを始めようと考えている方は、仲間を作ってモチベーションを維持したり、分からないことを直接質問できる相手を持つようにしましょう。

仲間の存在は偉大

ブログ更新を習慣化・ルーティーン化

最終的にはブログ記事を書くことを習慣化したり、ブログ記事を書く手順をルーティーン化してしまいましょう。

習慣化する方法

  1. 今の毎日の行動を全て記録。
  2. その中でやらなくて良い事・無駄な事をピックアップ。
  3. ②で選んだ行動をブログ関係の行動に変える。
  4. 毎日1つずつ②と③を繰り返す

習慣化する方法は上記の通りです。

この方法は堀江貴文さんのYoutubeチャンネルで、株式会社オンデーズ社長の田中修二さんが仰っていた方法で、誰でも簡単に出来るのでブログを書くことを習慣化したい方・日々のルーティーンに組み込んでしまいたい方はぜひ試してみてください。

変化に慣れろ!行動できる人になるためのコツ【田中修二×堀江貴文】

ブログを続ける方法:精神論編

ブログを続ける精神論

さて、次は精神論編です。

やるべき事を続ける本質的な方法を理解できても、精神的に無理をしてしまっては長続きしません。

なのでここではブログを長期間続けるための精神的な心構えを紹介します。

すぐに結果を求めない

まずは、すぐに結果を求めようとしないことです。

ブログは記事を書き始めてから3ヶ月は成果は出ません

記事が評価されて上位表示されるようになるのは公開してから3ヶ月後くらいです。

上位表示されなければ検索エンジンからのアクセスは集まらず、アクセスが集まらなければ問え全収益は上がりません。

なので、ブログで収入を得る事を考えるのであれば最低でも3ヶ月間は結果が出るのを待ちましょう

義務感を捨てる

2つ目の考え方は、義務感を捨てることです。

ブログは収入が上がるまでは長期的な作業が必要ですし、収入が上がり始めても更に質の高いブログを目指す努力を続けなければすぐに他のブログに追い越されてしまいます。

要はブログ運営は終わりのない改善の継続なので、義務感で自分を拘束していては長続きしません。

義務感を無くす方法は「習慣化・ルーティーン化すること」です。

やることが習慣化・ルーティーン化されているということは、キツイ・メンドイと考えずにやるべき事をやれる状態です。

この状態を作るまでが難しいかもしれませんが、この境地に入れるまでは腹に力を入れて頑張りましょう。

完璧主義を捨てる

3つ目の考え方は、完璧主義を捨てることです。

ビジネスにおいて完璧主義にメリットは1つもありません

多くの場合、完璧主義の人は「自分にとって完璧なもの」を作ろうとします

これはノウハウをしっかり勉強した人は特に要注意です。

知識に照らし合わせて判断したとしても、経験がない段階で手にしているノウハウを使って正しく判断できる事はほぼありません。

多くの場合見落としている点や、ノウハウとして抽象化される段階で無視されている出来事が起こって想定外の出来事が起こります。

完璧主義を克服するためのポイントは、「6割できたらGO!」と自己暗示し続けることです。

初めて公開する記事も「6割できたらGO!」、リライトするときも「6割できたらGO!」、新しいノウハウを試すときも「6割できたらGO!」と常に自分に言い聞かせましょう。

その6割を何度も継続して積み重ねれば「お客様が価値を感じる完璧な記事や商品」が出来上がります

素晴らしいアイデアは、ビジネスや社会の進歩に不可欠だ。でも、個々のアイデアの価値は多くの物事によって決まるのであり、その大部分はアイデアそのものとは無関係である。
成功した作家やビジネスマンはこのことを知っている。アイデアは抽象的な概念から計画へ、試作品へ、そして最終的に市場で水浸からの勝ちを証明する製品へと発達するにしたがって徐々に価値あるものになっていくことを、彼らはちゃんと知っているのだ。

出典:マーク・モーガン・フォード(2017年)『大富豪の投資術』ダイレクト出版(p225)

この引用文の通り、アイデア自体に価値はありません

そのアイデアを形にして試作品として市場に出してみて、市場の反応を見て改善を続けることで価値あるものに変わっていきます。

つまり完璧主義になって自分の価値観でブログの記事を判断していても、価値ある記事にはなりません。

なので、「6割出来たらGO!」と考えて、書きあげた記事はどんどん投稿しましょう!

自分の基準で判断しない。

4個目の考え方は、自分の基準で判断しないことです。

これは「完璧主義を捨てる」でも触れました。

記事の良し悪しはGoogle・読者に判断してもらいましょう

ブログで収入を得ることを考えるのであれば、ブログはビジネスです。

ビジネスではお客様に価値を感じてもらえなければ対価を得る事はできません。

そして、お客様が価値を感じるかどうかは自分で判断せず、出来たものをどんどん公開して本物のお客様に判断してもらうしかありません

ブログを始めようとして沢山ノウハウを詰め込むとその方法に執着してしまって、ノウハウを知っている「自分の尺度」で者の良し悪しを判断するようになってしまいます。

ただ、本来商品やブログの記事の良し悪しを評価するのはお客さんであったり、記事に関しては検索エンジンが評価を下して表示順位を決めます。

SEO的に記事の評価が高ければ上位表示されますし、読者の評価が高ければSNSでシェアされたりGoogle Analyticsで見れる平均滞在時間が長いなど、はっきりと数字に現れます。

なので、記事を公開する前に自分の判断基準で良し悪しを判断せず、まずは記事を公開する事を考えましょう

ブログを続ける方法:テクニック編

ブログを続けるテクニック

次はテクニック編です。

ここで紹介する方法はブログを続ける方法:本質編を実践し、ブログを続ける方法:精神論編で紹介した考え方が出来た上でしか機能しない方法です。

「テクニック編」とちょっとかっこいいタイトルをつけていますが、はっきり言うと「小手先のテクニック」です。

なので、ここで紹介する方法は大前提として「本質編」「精神論編」で紹介したことを実践した上で使うようにして下さい。

インプット:アウトプット=3:7にする

1つ目のテクニックは、インプットとアウトプットの比率を3:7にすることです。

これは15年間SNS・Youtube・ブログ・メールマガジンで情報発信を続ける、精神科医の樺沢紫苑氏が『アウトプット大全』で紹介している、アウトプットを続けるためのコツです。

子どもたちに与えられた時間は9時間でしたが、そのうちの「覚える時間」(インプット時間)と「練習する時間」(アウトプット時間)の割合は、グループごとに異なる時間が指示されました。
最も高い結果を出したのは、約40%を「覚える時間」に費やしたグループでした。年長の生徒になると「覚える時間」が少なくて住むようになり、「覚える時間」に約30%の時間を費やしたグループが高得点を取りました。

出典:樺沢紫苑(2018年)『アウトプット大全』サンクチュアリ出版(p28)

多くの人は初めてやることについて、「まずはインプットしなきゃ」と考えます。

もちろんすでに効果が実証されている方法があるなら、その方法に従った方がいいと考えるのは当然の考え方です。

ただ、ブログ運営に関するベストプラクティスは山のようにあり、全てを知ろうと思ったらキリがありません

なので、ある程度インプットしたらアウトプットに集中しましょう。

目安は、発信しようと思っているジャンルについて5〜10冊本を読んだらインプットをやめて100記事完成させるまではアウトプットに徹することです。

キツイなら一旦距離を置く

2つ目のテクニックは、どうしてもキツイなら一旦ブログから距離をとることです。

俺もこれやりました。

ブログを始めてから10日間は毎日7000字レベルの記事を毎日息巻いて更新していましたが、慣れないことに根詰めすぎて見事にすぐにバテてしまい、しばらくブログは更新していませんでした。

ただ、距離をとっている間も頭の片隅で「どういう考え方をしたらブログを無理せずできるかな?」と考えてはいて、その結果がこの記事の全てです。

なので、今ブログ書くのがキツイという方でも、一旦ブログから距離をとってこの記事で紹介していることをよく考えてみてください

考えているうちにまた「やってみっか!」と思えれば、そこからは初めインプットしていたことが腹落ちしているので意外とポンポン作業が進みます。

思いついたネタはメモっておく

3つ目のテクニックは、思いついたことをどんどんメモにとっておくことです。

思いついた良いアイデアはスマホのメモ機能でもアナログのメモ帳でもいいので書き留めておきましょう

もしくは、PC版のワードプレスならダッシュボードに「クイックドラフト」があるので、記事のアイデアが思い浮かんだらすぐにメモしておきましょう。

クイックドラフト

記事アイデアはすぐにクイックドラフトへ!

もしくは、スマホのワードプレスのアプリをインストールしているのであれば、そこですぐに記事の下書きを作ってしまいましょう

仕事はスタート時点である程度手をつけてしまった方がその後の作業がスムーズに進むので、メモや下書きを書き溜めておくのは非常にオススメです。

ペルソナを好きな人にする

4つ目のテクニックは、ブログや記事のペルソナに設定する人をあなたの好きな人にすることです。

これは恋愛感情を利用した方法です。

好きな人をペルソナに設定すれば誰でもワクワクするもんです。

無味乾燥に見えるブログ運営が楽しくなるので、今好きな人がいる・過去にすごく好きな人がいたという方はペルソナをその人に近づけて考えてみると良いです。

SNSから攻略してみる

5つ目のテクニックは、ブログの前にSNSを攻略してみることです

ブログを書いても記事が評価されて上位表示されるようになるまでに3ヶ月程度かかります。

その一方で、SNSは想定ターゲットに対するメッセージをどんどん考えて発信していけば、リアルタイムで反応が返ってきます

SNSに投稿する時間帯や曜日を考えて戦略的に運用すれば、フォロワー数が少なくても投稿の価値を測るのに十分な反応を得ることも可能です。

返ってきた反応(いいね・リツイート・返信など)が大きければそれだけ反響が強く、「あなたの想定ターゲットがが求めている情報」ということになり、反応が全くなければどんなにあなたが「良い情報」だと思っていてもそれは想定しているターゲットが求めている情報とは言えません。

つまり、記事が検索エンジンに評価されるまでの3ヶ月間を無駄にすることなく、SNSならリアルタイムであなたが発信する情報の質やニーズを評価しながら、求められている情報をより確実に書くことが出来るということです。

なので、結果が見えず地道に作業していくだけという期間を乗り越えられそうに無い方は、SNSから攻略したりSNSを運用しながらブログを書くこともおすすめです。

スキマ時間・移動時間を有効活用する

6つ目のテクニックは、スキマ時間・移動時間を有効活用することです。

これは「時間がない」「忙しい」という言い訳をなくすためのテクニックです。

本気で時間を作る方法を考えれば、ブログのための時間はいくらでも捻出できます。

時間を作る方法

余計なことはしない(Youtube・SNS・TVを目的なく見る)。

昼休憩・風呂に入っている時間・就寝前のちょっとした時間に簡単な仕事を済ませる。

徒歩移動中に記事の構成を考えてしまう。

電車・バス移動中にまとめた構成を文字起こしする。

上記のような方法でブログを書く手前の作業を完了させてしまえば、あとは帰宅後のゆっくり出来る時間に本文を書けます。

もしくは休日にまとめて本文を下記あげてしまえば、1週間分くらいの記事は余裕で書き溜めることは出来ます。

まとめ

まとめ

この記事ではブログを続ける方法を本質的な方法・精神論・テクニックの3つのポイントから紹介しました。

精神論とテクニックはどちらも本質編で紹介したことが実践出来ていなければ機能しません。

なので、まずは本質編で紹介したことについてあなた自身でじっくり考えて下さい

その後で、実際の作業に入った時には自分の精神状況と対話したり、時にはやり方を変えてみることで少しずつブログの運営が進んでいきます。

慣れないことを続けるのには苦労がつきものですが、習慣化・ルーティーン化してきつい作業に慣れてしまえばこっちのものです。

この記事の内容があなたのブログ運営や収益の獲得・拡大につながることを願っています。

END

  • この記事を書いた人

SHINJI

早稲田大学商学部卒。Webメディア運営・マーケティング・目標達成の情報発信しています。大学卒業後ダンサー→独学でアフィリエイター→Web広告コンサル会社に勤務→今。三代目JSB・Bruno Mars・乃木坂46が好き。

-ブログ
-, , ,

Copyright© STYLE GENERATION , 2020 All Rights Reserved.