〜感動が集まり、感動の瞬間を作る人を生み出すメディア〜

STYLE GENERATION

ブログ

【初心者必見】ブログ記事の書き方のコツ【SEO・読みやすさ・分かりやすさなど】

投稿日:

ブログ記事の書き方のコツ

こんな方におすすめ

  • 上位表示される記事の書き方が知りたい方。
  • 読みやすい・分かりやすい記事の書き方が知りたい方。
  • 記事執筆時のSEO上の注意点が知りたい方。

結論

収益化を目指すブログの記事執筆のコツは、事前準備・SEO・分かりやすさ・読みやすさ・投稿時の確認・リライトの6つに注意して執筆する。

ブログの運営に慣れていない時って、記事1つ書くのにも時間がかかったり、何を意識して書けば良いのかわからなくなってしまいますよね?

この記事ではそんな悩みを解消するために、質の高いブログ記事を書くためのコツを6つの要素に分けて紹介します。

これからブログの運営を始める方はこの記事で紹介する内容をしっかりと理解して記事を書き、継続的に記事の質の改善を目指しましょう。

 

ブログ記事執筆のコツ:大前提&事前準備編

記事執筆の準備

まずは収益化を目指す記事執筆で知っておくべき大前提と事前準備について紹介します。

ここで紹介する内容は知らなくても記事自体を書くことは可能ですが、知らなければターゲットニーズから外れたりしたの低い記事の執筆につながってしまう非常に重要な内容なので、確実に押さえておきましょう。

ブログの目的

まず、ブログの目的について。

ブログの目的については【初心者脱却】ブログマーケティングの目的から必須ツールまで全て紹介で詳細に説明しているので、詳しくはそちらを参照してください。

ここでは簡単に振り返ると、ブログの目的はブログのリピーターやファンを作る事です。

そして、検索エンジンで上位表示される事を目指して運営するブログでは、お客様のニーズを解消し続ける事でリピーター作り・ファン作りは実現します。

そのために、読者のメリットを考えて記事を書く事を常に意識しましょう。

ブログ記事の読者のメリット

面白い記事を読む事。

この「面白い」にはInteresting(興味深い・勉強になる)Funny(オモロイ・愉快)の2通りがあります。

ワードプレスなどで運営されるSEOを意識した記事ではInteresting(興味深い・勉強になる)を意識して書きましょう。

検索エンジンからブログ記事にアクセスする人の目的は「疑問の解消=問題解決」なので、疑問の解消につながる価値ある情報を提示してあげましょう。

個性豊かなFunnyさは、SEO記事で第一に求められる「疑問の解消」を押さえた上で、もっと個性を出したい時だけ追加しましょう。

ちなみにFunnyな記事は検索エンジンにインデックスさせないコラム記事として書いたり、無料ブログなどで書くと良いです。

キーワード選び

検索エンジンで上位表示されるためにはキーワード選びも非常に重要です。

ここではキーワード選びのポイントだけ簡単に紹介します。

良いキーワード選びの条件

検索ポリュームが大きい。

競合が少ない or 弱い。

キーワード選びはあなたのブログへのアクセス数、ひいてはあなたのブログの収益を大きく左右する作業なので、非常に重要です。

基本的には上記の2点を意識して選べれば問題ありません。ただこれだけでキーワード選びが成り立つわけではなく、考えることは色々あるので、詳しい内容は別記事で説明しているのでそちらをご参照下さい。

【3行程で完了】SEOキーワードの選び方【無料ツールでOK!】

競合調査

検索エンジンで上位表示目指すには、競合調査も非常に重要です。

ほとんどの場合キーワード選びの中で競合調査をします。

選んだキーワードについて、以下の項目の調査もしましょう。

競合調査の確認事項

タイトル・見出しにキーワードを含んでいるか?

平均文字数は?

記事構成・内容はしっかり練られているか?

(PA・DAは強いか?)

この4項目について詳しく紹介します。

「PA・DAは強いか?」以外の3つの調査内容は見出し(hタグ)抽出というツールで出来ます。

タイトル・見出しにキーワードが入っているか?

まずは、競合記事のタイトル・見出しにキーワードが入っているか確認しましょう。

競合記事にタイトル・見出しにキーワードを含んでいる記事が多い場合は、そのキーワードに向けた記事を書いている競合ブログが多いことになります。

検索結果には必ずしもキーワードを含んでいない記事でも、この検索クエリ(ユーザーが実際に検索窓に入力したキーワード)に対する答えになる内容が含まれている記事なら、検索結果に表示されます。

ただし、タイトル・見出しにあなたが記事を書こうとしているキーワードを含まない記事が多い場合は競合が弱い可能性があります

なぜなら、そのキーワードに対する直接的な解決策を提示していない記事が多いかもしれないからです。

その場合は質の高い記事を投稿できれば十分に上位表示を狙える可能性があります

記事の平均文字数は?

2つ目は競合記事の平均文字数です。

平均文字数は大きければそれだけキーワードに対して必要とされる情報量が多いという事なので上位表示も、難しい可能性があります。

ブログ運営に慣れている方であれば文字数が多くても問題ないですが、ブログ初心者の場合は文字数が多い場合は他のキーワードから記事を書いた方良いです。

目安としては平均文字数5〜6000字以上の場合は初心者が勝てる文字数ではないと考えた方が良いです。

記事の構成・内容は?

3つ目は記事の構成・内容です。

記事構成・内容もしっかりと練られている記事が多ければ、競合ブログの運営者がしっかりSEOなら取り組んでいるという事なので難易度が高いキーワードとなります。

記事は最初に投稿したものがそのまま上位表示されることはほぼありません。

何度もリライトを繰り返していくうちに少しづつ順位が上がって行くものです。

そのため、現段階で上位表示されている記事の構成が整っていて、内容もYahoo!知恵袋や関連キーワードなどに表示されているものまで網羅されていれば、時間をかけて記事の質を上げてきた証拠です。

この場合も他のキーワードから攻めた方が上位表示される可能性が高いです。

(上位のPAとDAは?)

最後はPA・DAの確認です。

PAとDAは、Page Authority(ページオーソリティー)とDomain Authority(ドメインオーソリティー)の略です。

この項目をカッコ書きにしているのはGoogleはPA・DAを検索結果の表示順位に使っていないからです。

※Googleのコメント設定

PA・DAは世界各国でSEOツールを販売するMOZという会社が公開している各記事の質を数値化した指標です。

この指標は検索結果に直接関係ないものの、検索結果の1ページ目に表示される記事のPA・DAが共に高い傾向がある場合は上位表示が難しいです。

PAは25以上、DAは35〜40以上の記事が多い場合は難易度の高いキーワードと言えます。

下記のキャプチャは「ブログ 稼ぎ方」の検索結果の1ページ目のキャプチャで、PAはだいたい平均して25〜30程度、DAは30を超える記事が多いので、何度が高いと言えます。

「ブログ 稼ぎ方」

「ブログ 稼ぎ方」は競合が強い。

ペルソナ設定

次はペルソナ設定です。

ペルソナ設定で考える必要がある内容は以下の4項目です。

ペルソナ設定のポイント

デモグラフィック特性

サイコグラフィック特性

どんな悩みを抱えているか?

知識レベルは?

デモグラフィック特性

 1つ目は、デモグラフィック特性について考えます。

デモグラフィック特性とは人口統計学的特性で、年齢・性別・学歴・職業・家族構成・年収・居住地など、数値で表示できたり見てわかる特徴のことです。

この特性を絞ることでどのタイプの人に向けた記事を書くのかをある程度絞ることができます

例えば、ダイエット関連の記事を書くとしても、

・24歳女性、OL(アパレル)、年収250万円

・40代男性、会社員(エンジニア)、年収650万円

の二人では書くべき内容がガラッと変わることが予想されます。

20代女性の方に向けては「可愛い服が着られるようになるためのダイエット」「夏海に行っても恥ずかしくならないために4月からダイエットを始める」と行った内容が刺さります。

一方で40代男性に向けては「メタボ解消に役立つ1日10分の室内運動10選」「50代からでは遅い健康管理。40代前半から始める運動習慣」といった記事が刺さります。

 サイコグラフィック特性

2つ目は、サイコグラフィック特性について考えます。

サイコグラフィック特性とは、ライフスタイル・価値観・信条(宗教)人となりなど、人の内面に関する事です。

デモグラフィック特性だけでもペルソナのイメージを具体化出来ますが、デモグラフィック特性特性だけでは「ペルソナが何を考えているか?」が分かりません。

なので、サイコグラフィック特性を具体化する事で、デモグラフィック特性で具体化したペルソナが何を考えているかを具体化します。

例えば、先ほどの20代女性の例で言えば、

・アウトドア派、オシャレ命、彼氏欲しい。

・インドア派、オシャレは仕事、運動きらい。

という二人がいれば、前者には「服のシルエットが崩れない、健康的なカラダ作りのポイント」

後者には「運動嫌いでも続けられた!仕事の集中力も上がる手軽な運動方法」が刺さると考えられます。

どんな悩みを抱えてる?

3つ目は、どんな悩みを抱えているかです。

ここではどんな悩みに対する解決策を記事で提供するかを考えるという事です。

サイコグラフィック特性ではペルソナの価値観や志向性などを明確にして、どんな切り口の文章が刺さるかを考えていました。

一方で、悩みについて考えるのは記事で解決しようとしている悩みを具体化する事です。

これは記事を書こうとしているキーワードがその答えの1つです。

ただし、キーワードは「顕在ニーズ」であって、ターゲットが自分で認識している悩みです。

「顕在ニーズ」に対する答えを提示できればターゲットも十分満足してくれます。

ただ、ブログの目的であるリピーター・ファン作りのために「潜在ニーズ」も解決してあげられる記事を目指しましょう

「潜在ニーズ」とはペルソナ自身も認識していない悩みの事で、これを解決できると満足度が高くなり、リピーターやファンになってくれる可能性が高まります。

潜在ニーズは「関連キーワード取得ツール」があれば簡単に調べられます。

Yahoo!知恵袋を使った調べ方もありますが、「関連キーワード取得ツール」があればオートコンプリート(旧Googleサジェスト)・教えてGoo!の情報もまとめて調べることができるのでおススメです。

ペルソナの知識レベルは?

4つ目は、ペルソナの知識レベルの確認です。

ペルソナの知識レベルは各記事の難易度調整のための確認で、記事を書こうとしているキーワードから推測ができます。

ペルソナの知識レベルは意外と見落としている方が多いです。

例えば「ブログ 稼ぎ方」と「ブログ メタタグ 設定方法」という2つのキーワードの場合、前者は全くのブログ初心者、後者はある程度ブログ運営をしたことがある中級者である事が予想されます。

前者に向けた記事ではなるべく難しい言葉を使わずに優しい言葉で書く必要があり、後者の場合はブログの基礎は理解しているので、逐一用語の説明をしていては読みづらいと思われる可能性もあります。

記事のゴール設定

最後は記事のゴール設定です。

ゴール設定の確認事項

記事を読んだ後にどうなって欲しいか?

どんなアクションを起こしてほしいか?

記事を読んだ後にどうなってほしいか?」は基本的には「疑問が解消され、すぐに実話戦できる状態になってもらう」というゴールが考えられます。

これをキーワードごとに具体化しておきましょう。

「ブログ 稼ぎ方」というキーワードであれば「ブログの稼ぎ方を全て知ってもらい、自分に合った稼ぎ方を見つけてもらう」などが考えられます。

どんなアクションを起こしてほしいか?」では、記事を読んだ後に収益につなげるために読者にどんなアクションを起こさせるかを考えるという事です。

せっかくあなたのブログに訪れた訪問者を1記事読んで帰らせる(=直帰させる)のはもったいないです。

※直帰とは訪れたページからブログ内の他のページに行かずに、あなたのブログから離脱してします事です。

「次の関連する記事に遷移させる」「収益につながるページに遷移させる」など、ブログ訪問者にして欲しい行動を明確にして、それが実現するように記事を設計しましょう。

ブログ記事執筆のコツ:SEO編

SEO

記事の書き方のコツの2つ目はSEOです。

SEOの目的はあなたの記事を検索結果1位に表示させるために行います。

SEOのポイント

Googleの方針に従う。

キーワードを意識して記事を書く。

タイトル・見出しにキーワードを入れる。

スマホ対応の記事を書く。

Googleの方針に従う

まず最初のコツはGoogleの方針に従って記事を書く事です。

Googleの方針

情報の専門性

情報源の権威性

情報の信頼性

情報の網羅性

上記の4つはGoogleが公開している検索品質評価ガイドラインで言及されているE-A-Tに関連する項目で、Googleが検索結果の順位を決めるアルゴリズムの指標となっている項目です。

この4つの項目を満たす情報が優先的に検索結果の上位に表示される事になります。

特に「情報の専門性」はYMYL(Your Money Your Life)に関わるジャンルで特に重要で、専門家からの信頼できる情報は上位表示されやすくなっています。

E-A-TについてはSEOラボさんの記事で詳述されています!

さらに、「情報の独自性」も非常に重要視されています。

オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

※引用元:Google ウェブマスター向け公式ブログ: 日本語検索の品質向上にむけて

独自のコンテンツを作るためには独自の視点を含んだ内容にしたり、一次情報を(自分の経験・体験談)を含んだ情報を発信するようにしましょう。

今ネット上に溢れる情報の多くが他のメディアからの焼き増しの情報なので、あなたの経験などに基づいた情報を提示するだけですぐに差別化につながり、上位表示も可能になります。

キーワードを意識して記事を書く

2つ目のコツは、キーワードを意識して書くことです。

これは特定ニーズの解決を目指した、質の高い記事を書くためです。

2019年時点では、「検索エンジンのアルゴリズムが記事の内容そのものを評価する性能が高まってきたので、キーワードを意識しなくても上位表示は狙える」という意見も出てきています。

確かに記事の評価の質はどんどん高まっていますが、キーワードを意識した記事への評価は完全になくなっているわけではありません

まだ検索結果の順位に(ちょっとだけ)影響はあるので、まだキーワードを意識した記事の執筆は必要だと覚えておきましょう。

また、特定のニーズに対する質の高い記事を書くためにもキーワードを意識した記事を書くことは重要です。

というのも、キーワードは特定のニーズを示したものであり、キーワードを意識して記事を書けばそのニーズに応じた質の高い情報を提示できるようになるからです。

キーワードを選んだら、そのキーワードを検索する人がどんな「顕在・潜在ニーズ」を持っているのかをしっかり考えてから記事を書きましょう。

タイトル・見出しにキーワード

3つ目のコツは、タイトル・見出しにキーワードを含めることです。

これは、SEOの内部対策に関わる内容で、記事内で特定のキーワードが使われている回数で記事の品質を判断していた時代には非常に重要視されていました。

今は記事の品質そのものの評価制度が上がっているので、タイトル・見出しにキーワードを含めることは、以前と比べて重要度は下がっています

ただし、こちらも完全に検索順位に反映されなくなったわけではないので、キーワードは自然な形でなるべく含めるようにしましょう。

スマホ対応

5つ目のコツは、スマホに対応した記事を書くことです。

スマホを意識した記事にする1つ目の理由は、ネット利用者が使っている端末がPC物事をよりもスマホの方が多いことです。

2017年ネット使用端末

ネット利用はPCよりもスマホが多い

引用元:総務省 平成30年版情報通信白書

上記のグラフは総務省が2018年に発表した情報通信白書で掲載されていたものですが、2017年からネットを利用する端末のトップがスマートフォンに変わっています

つまり、これからブログに限らずブログなどのメディアを運営する方は全てのコンテンツをスマホで見やすいようにカスタマイズ似ておく必要があります。

もう一つの理由としてGoogleもモバイル向けに最適化されたコンテンツを優先的に検索結果の上位に表示させることを明言しています

これまで、Google のクロール、インデックス、ランキング システムでは、主にデスクトップ版のコンテンツが使用されてきました。そのため、その内容がモバイル版と大きく異なる場合、モバイル検索ユーザーに問題が発生する可能性がありました。
モバイル ファースト インデックスとは、モバイル版のページをインデックスやランキングに使用し、主にモバイル ユーザーが探しているものを見つけやすくすることを意味します

引用元:Google ウェブマスター向け公式ブログ

上記の通り、Googleはモバイル(=スマホ)に対応しているコンテンツをインデックス(検索エンジンに登録)やランキング(検索結果の表示順位)に使用すると明言しています

なのでこれからブログを書く方は、あなたの記事がスマホで閲覧されることを前提にして、文字の大きさ・キャプチャや画像などの大きさを見やすくしたり、ページの容量を減らして読み込み速度を早くしておくなどの対応をしておく必要があります。

あなたのページが十分スマホ対応できているかを確認する場合は、グーグルが無償で公開しているモバイルフレンドリーテストから確認できます。

表示速度を改善する

最後のコツは、表示速度を改善することです。

記事の表示速度は2018年1月から検索順位に反映されるようにアルゴリズムがアップデートされています。

下記の記事に詳細が記載されているので、是非一度ご確認ください。

海外SEO情報ブログ

また、あなたの記事の表示速度はGoogleから公式にリリースされているPageSpeed Insightというツールから確認できます。

ブログ記事執筆のコツ:読みやすさ編

読みやすさ

次は、ブログ記事の読みやすさ・書き方のコツを紹介します。

読みやすさを意識してブログ記事を書くのは、離脱・直帰を防ぐためです。

ブログ記事の離脱率や直帰率を下げることはSEOとは関係はなく、改善しても表順位は上がりません。

それでも読みやすさを重視した記事の書き方のコツを意識するのは、継続的にあなたのブログを使ってもらい、あなたのブログのリピーターやファンになってもらうためです。

大見出し(h2タグ)直下に画像を設定する

1つ目のコツは、大見出し(h2タグ)の直下に画像を入れる事です。

h2直下に画像を入れる理由

見出しの転換を伝えられる。

イメージで内容を訴求できる。

h2タグの直下に画像を入れる1つ目の理由は、見出しの転換を伝えられるからです。

記事がテキストだけの場合、見出しが変わってもそれに気づかないことがあります。

そのため、h2タグという「話題の転換」のタイミングで画像を入れてあげる事で、「1つのトピックが完結した」「話題が変わった」ということをブログ訪問者に伝えることができます

h2タグの直下に画像を入れる2つ目の理由は、イメージで内容を伝えることができるからです。

画像を設定すると、文字だけではなくイメージでも内容を伝えることができるようになり、読者の内容理解にも大きく役に立ちます

ブログ立ち上げ当初は画像の編集方法も難しく躓きやすいところですが、意外と簡単に画像は編集できるので、必ず画像は設定しましょう。

小見出し設定

2つ目のコツは小見出しを設定することです。

小見出しとはh3タグ以下の見出しタグです。

大見出し(h2)タグの中でもトピックが、変わるタイミングでは小見出しを設定して、読みやすい記事を目指しましょう。

ブログ運営写真者の方のブログを見ると、大見出し(h2タグ)は設定していても、小見出し(h3タグ以下)を設定していないことがあります。

編集者の立場で考えればいちいちタグを設定するのは面倒かもしれません。

ただ、収益化を目指すブログは自分のためではなくブログの読者のためのものなので、記事の読みやすさを考えてh3以下のタグを使うようにしましょう

一段落3〜4行

3つ目のコツは、一段落は3〜4行に収めることです。

これはSEO編でも紹介したスマホ対応という視点からのコツです。

ブログ記事も現在はほとんどPCではなくスマホから見られるようになっています。

PCでは一段落が長文になっても表示される画面が大きいので読むことはできましたが、スマホはPCに比べて表示できる画面が小さいです。

そのため、長文が続くと「読みづらい記事」になってしまい、直ぐにブログ訪問者が記事から離脱してしまいます。

なので、一段落を3〜4行に収めてテンポよく読み進められる記事にするように心がけましょう

文調統一

 4つ目のコツは、文調を統一することです。

文調の統一とは、ですます調・体言止めを統一するということです。

体言止めとは名詞で文を終わらせる文体で、「〜と思った事」のような文との事です。

ほとんどの場合はですます調の方が丁寧な文体に見えるので、ですます調を使います

ですます調を使うのであれば基本はですます調を使う。体言止めを使うのであれば基本は体言止めで記事を書くようにしましょう。

ただですます調で記事を書く場合、何度も同じ文末になると読みにくくなるので、何度も同じ文末が続く場合には適度に体言止めを入れるのも良いです。

【同じ文末が続く文の例】

ブログ記事の執筆のポイント4つあります。

この記事ではそのポイントを紹介します。

4つのポイントを意識して記事を書くと、上位表示につながります。

【文調を整えた文の例】

ブログ記事の執筆のポイントは4つです。

この記事ではそのポイントを紹介。

4つのポイントを意識して記事を書くと、上位表示につながります。

上記の【文調を整えた文の例】のように、適度に文末をですます調や体言止めなどを織り交ぜて読みやすい文になるように調整しましょう。

無駄を削ぐ

5つ目のコツは、文の無駄を削ぎ落とすことです。

無駄な文を削ぎ落とすためには記事本文を書き始める前に記事構成を練っておきましょう

ブログ記事の構成【基本となる6部構成でSEOを攻略】

説得力のある文章はポイントが絞られて完結にまとまっていますが、説得力のない文章は冗長で必要のない話がダラダラと続きます。

無駄のない記事を書くためのポイントは、設定した記事のゴールに立ち返ることです。

記事のゴール設定でも紹介した通り、多くの場合記事の目的は「記事の内容を完全に理解して、行動に移れるようになる事」と、「目的の行動をしてもらう事」。

そのためには読者が抱えている問題に対する答えを直ぐに提示して、理解を深めてもらい、読者に満足してもらう必要があります。

冗長で必要のない話がダラダラと続く、説得力のない文章にならないように注意しましょう。

適度に文字を「開く・閉じる」

6つ目のコツは、適度に文字を「開く・閉じる」ことです。

「文字を開く」とは漢字表をひらがな表記に変えることで、「文字を閉じる」とはひらがな表記を漢字表記に変えることです。

文章は漢字だけが続いたりひらがなが続くと非常に読みづらくなります。

記事を書き終えたら必ず自分の目で文章を読み直して、漢字やひらがなが集まって読みづらくなっている部分は適宜文字を開いたり閉じたりしましょう

ハイライトを付ける・フォントカラーを変える

7個目のコツは、文にハイライトを付けたりフォントカラーを変更することです。

ハイライトとは上の文の様に文字の背景に色をつけることで。フォントカラーとは文字自体の色のことで、つける事で文が読みやすくなります。

ハイライトやフォントカラーの変更は文中の重要な部分やポイントとなる部分に必ず設定しましょう。

ただし、設定する時は必ずあなたなりのルールを設ける必要があります。

僕のブログでは以下の様にルールを設定しています。

【当ブログのハイライト・フォントカラー設定】

ハイライト:見出しのトピック

フォントカラー赤:見出し中のポイント。

フォントカラー黒の太字:フォントカラー赤に関するポイント。

この様にあなたのブログ記事の中で設定するハイライト・フォントカラーのルールを作って、読者に読みやすい記事を作りましょう。

必ず目次を付ける

最後のコツは、必ず目次を付けることです。

目次が必要な理由

記事の内容を概観できる様にするため。

読みたいトピックにジャンプできる様にするため。

目次を設定する1つ目の理由は、記事の内容を概観できる様にするためです。

目次は記事タイトルに関するトピックが並んでいるものなので、記事に訪れたブログ訪問者が目次を見れば一発でどんな情報が手に入るかが分かります

本文に入る前に手に入る情報がわかるのであれば、ブログ訪問者はその記事を読むべきかを直ぐに判断でき、欲しい情報がなければ他のメディアをあたれるので読者にとってとても利便性が高まりますね。

また、今手に入る多くのワードプレステーマは目次にリンクが貼られていて目次内の読みたい見出しをクリックすれば一発で欲しい情報がある場所に移動でき、これも読者にとって便利です。

運営開始から間もないブログの記事を見ると、たまに目次を設定していないことがありますが、読者の利便性を下げているので必ず目次はつけましょう。

ブログ記事執筆のコツ:分かりやすさ編

分かりやすさ

次は、分かりやすい記事を書くための2つのコツです。

分かりやすい記事を書くためのコツは、読者の内容理解度を高めるための工夫です。

内容の理解度が高まれば、あなたの記事に満足して再びあなたのブログに来てくれる可能性も高まります。

現在はSEOも競合が多くなっているので、リピーターを獲得してあなたのブログ(ビジネス)の底堅い顧客基盤を確立できるように、ここで紹介することもしっかり押さえておきましょう。

記事執筆の基本6部構成

1つ目のコツは、記事の基本となる6部構成に沿って記事を書くことです。

ブログ記事の基本構成

導入
結論
理由・根拠
具体例
質問対応
まとめ

SEOを意識した記事の基本はこの6部構成です。

この構成で記事を執筆できれば、キーワードに対して書くべき内容をもれなくブログ訪問者に伝えられるので、しっかり押さえておきましょう。

詳細はブログ記事の構成【基本となる6部構成でSEOを攻略】で紹介しているので、是非こちらの記事もご確認ください。

平易な言葉

2つ目のコツは、平易な言葉を使うことです。

平易な言葉で記事を書くためのポイントは、小学生でも分かる記事を書くことです。

小学生でも理解できるレベルの言葉や文が書ければ誰でも理解できる文なので、理解度も高まります。

もちろん、事前準備で設定したペルソナが専門家レベルの人なのであれば難しい専門用語を使った方が読みやすいこともあります

ただ、ほとんどの場合は初めてあなたが発信するジャンルの情報に触れる人をペルソナに設定しているので、基本的には小学生でも分かるレベルの文章を書く様に心がけましょう。

ブログ記事執筆のコツ:投稿時チェック編

投稿前の確認

前の見出しまでは、事前準備と本文の執筆に関するコツを紹介してきましたが、この見出しでは記事を投稿する時のチェック項目を紹介します。

誤字脱字

1つ目は誤字脱字の確認です。

これは読者の読みやすさを考慮すれば当然の確認事項で、記事が完成したら投稿する前に自分で全文を読み直して、誤字脱字を修正しましょう。

なるべく書き上げた文章を自力で全部読み直した方が正確に誤字脱字を確認できます。

全部自分で確認するのがメンドイ場合は文章構成日本語構成サポートを使いましょう。

キーワードの出現比率の確認

2つ目は、記事内のキーワードの出現比率の確認です。

キーワードの出現比率とは、記事を書いているキーワードが書いた記事の中で何%出現しているかです。

ここでキーワードの出現比率をどう確認するかは、記事を書いているキーワードの比率が記事内の他のキーワードに対して相対的に高くなっているかどうかです。

よくある間違いは、「キーワードの出現比率を必ず何%以上にしましょう!」の様な絶対的な%の目安があると思ってしまうことです。

【修正のイメージ】

「ブログ 稼ぐ」の記事を書く場合

◆修正前のキーワード出現比率

  ブログ 稼ぐ 方法 コツ 失敗
出現比率 1.25% 1.00% 2.5% 1.84% 1.11%

◆修正後のキーワード出現比率

  ブログ 稼ぐ 方法 コツ 失敗
出現比率 2.5% 2.0% 1.25% 1.3% 1.11%

上記の例の様に、「ブログ 稼ぐ」というキーワードの記事を書くのであれば「ブログ」と「稼ぐ」というキーワードの出現比率が大きくなる様にして、「方法」「コツ」「失敗」などのキーワードの出現比率を「ブログ」や「稼ぐ」と比較して比較するということです。

「ブログ」や「稼ぐ」の出現比率を「必ず2.5%以上に!」「必ず5%以上に!」というわけではなく、記事内の他のキーワードよりもなるべく多く出現する様にするということです。

ちなみに、このキーワードの出現比率を調整するという方法は、検索エンジンが記事の内容そのものを評価する精度が向上していることで重要度は低くなっています

なので順位向上を目指すのであれば、まずは内容そのものをブラッシュアップすることが最優先事項です。

ただ、まだ出現頻度も少しは検索順位に影響しているので、時間に余裕があるなら出現比率も調整しておきましょう。

 また、キーワードの出現比率はファンキーレーティングというツールで確認できます。

アイキャッチ

3つ目の確認事項はアイキャッチをつけているかです。

アイキャッチとは、記事の最上部やツイッターなどで記事を公開した時に表示される画像のことです。

アイキャッチ設定の理由

記事の内容をイメージでも伝えるため。

TwitterやFacebookの表示画面を広くして視認性を上げるため。

ブログ内でのアイキャッチの表示はワードプレスのテーマによってどこにどの様に表示されるかは異なります。

ただ、基本的にはブログ内で記事の一覧を見ている時に表示されることが多いです。

ブログ内のアイキャッチ

アイキャッチは記事一覧画面で表示される。

設定していないと記事のイメージがしにくくなり、良い記事を書いていても読まれなくなる可能性があります

また、アイキャッチはTwitterやFacebookなどのSNSで記事を公開する時に一緒に表示されることもあります。

SNSで記事を公開する時にアイキャッチが設定されていれば、投稿がより大きく表示される様になります。

下記のキャプチャのような感じです。

ユーザーに見つかる可能性が高まり、よりアクセスを集めやすくなるので必ず設定しておきましょう。

インデックス

4つ目の確認事項は、忘れずに検索エンジンにインデックスすることです。

インデックスとは、あなたの記事をGoogleなどの検索エンジンに登録して、検索結果に表示される様にすることです。

インデックスは自分でしなくても自動的にされますが、ただ手動でインデックスすればすぐに検索結果に反映されます

検索エンジンにインデックスされて記事が評価されて上位表示されやすくなるまでは、だいたい3ヶ月程度かかるので早めにインデックスしておきましょう。

インデックスの作業にはGoogleが無料で公開しているSearch Console(サーチコンソール)というツールを使います。

もしくは、PuSHPressというワードプレスのプラグインを使えば自分で手動でインデックス作業をしなくても、記事を投稿したらすぐに自動でインデックスしてくれます

CTAを付ける

最後と確認事項は、CTAを設定することです。

CTAとはCall To Actionの略で、あなたがブログ訪問者にしてほしい行動をさせるためのリンクのことです。

CTAとして考えられるのは関連記事・商品購入や申し込み・メルマガ登録・LINE@登録・SNSのフォローなどがあります。

この中で、書いた記事を読んだブログ訪問者に「次して欲しい行動を確実にしてもらうための動線」を記事の最後に設置しましょう。

記事の最後にCTAを設置するということは、最後まで読まれる記事を作成することが前提です。

最後まで記事を読んでくれた読者はあなたのブログのリピーター・ファンになってくれる可能背が高い人なので、確実に「顧客」にするための動線を必ず設置しましょう。

ちなみに、ブログ立ち上げ当初で記事がたまっていないのでCTAは設定しようと思ってもできません。

100記事くらい記事が溜まってきてか、効率的に収益につなげるために生地構造を整理していくことがオススメです。

ブログ記事執筆のコツ:リライト編

記事のリライト

ブログ記事の書き方のコツの最後は、リライトです。

リライトとは公開した記事に関するデータに基づいて、よりペルソナのニーズに沿った記事になる様に記事を書き直すことです。

ブログはリライトを続けることで初めて収益化できるので、必ず実行しましょう。

Search Consoleからニーズを拾う

リライトで行うのは、記事公開後にSearch Consoleに蓄積される検索クエリの情報を元にユーザーニーズに合う記事に修正していくことです。

検索クエリとは検索エンジンユーザーが実際に検索エンジンに打ち込んだキーワードです。

あるクエリの検索結果としてあなたのブログ記事が公開されるたびに、あなたのSearch Consoleアカウントにそのクエリが蓄積されます。

そのクエリを元にあなたのターゲットが何を考えているかを分析して、分析結果に合わせて記事の内容を加筆・修正していくことで記事の質が高まり、上位表示されやすくなります。

まとめ

まとめ

この記事では、SEOを意識した記事を上位表示させるためのコツを事前準備や大前提・SEO・記事のわかりやすさ・記事の読みやすさ・投稿時のチェック項目・リライトという6つのポイントに分けて紹介しました。

ここで紹介した内容は全て検索結果の上位表示や、ブログ訪問者のリピーター化・ファン化につながるものです。

できる限り全ての項目を満たせる記事を書いて、より効率的にブログから収益を上げられる様にしましょう。

END

  • この記事を書いた人

SHINJI

早稲田大学商学部卒。Webメディア運営・マーケティング・目標達成の情報発信しています。大学卒業後ダンサー→独学でアフィリエイター→Web広告コンサル会社に勤務→今。三代目JSB・Bruno Mars・乃木坂46が好き。

-ブログ
-, , , ,

Copyright© STYLE GENERATION , 2019 All Rights Reserved.