〜感動が集まり、感動の瞬間を作る人を生み出すメディア〜

STYLE GENERATION

アフィリエイト ブログ

アフィリエイトブログの内容【ブログジャンルと記事内容の決め方】

投稿日:2019年6月13日 更新日:

ブログの内容

こんな方におすすめ

  • アフィリエイトブログの記事内容が思い浮かばない…。
  • アフィリエイトブログの内容の決め方が知りたい!

この記事のポイント

あなたに合った内容は3つの要素から決める。

ブログ記事の3分類を意識して内容を決める。

アフィリエイターという立場を活かして内容を決める。

質の高い記事の定3つの定義

結論からお伝えすると、ブログの内容は3つの要素からジャンルを決めます。そして3分類のページの特徴を意識して書くことです。記事を書いたら「質の高い記事の定義」に当てはまる記事になっているかを確認して、必要に応じてリライトをしましょう。

また、この記事に訪れる方はブログアフィリエイトを考えている方がほとんどだと思うので、「アフィリエイター」という立場を意識した内容づくりも意識するとより質の高い記事がかけるようになります。

※この記事はやや前置きが長いので、記事の内容の決め方だけぱぱっと知りたい方は下記の目次で「具体的な記事内容の決め方」をクリックして下さい!

そもそもブログってなに?

ブログって何?

早速アフィリエイトブログの内容の決め方を紹介したいところですが、その前にそもそもブログとは何なのかを確認しましょう。

ここではブログの歴史とかを話し手も皆さんの収益には全くつながらないので、ブログの目的とやることを簡単に紹介します。

ブログの第1の目的は「見込み客をファン化すること」で、第2の目的が「セールス」です。
※この詳細は【初心者脱却】ブログマーケティングの目的から必須ツールまで全て紹介にまとめています。

ブログの運営では常にこの目的に立ち返った行動が求められます。この目的に沿わない内容の情報発信をしてもいつまで経ってもPVが増えず、収益も拡大していきません。

※ブログアフィリで稼げなくなる具体的な原因はアフィリで稼げない原因を業界動向・本人の資質・技術の3つに分類にまとめています。

アフィリエイトブログの内容の決め方:ジャンル決定の3要素

ブログの目的は常に意識しておいてくださいね。

次は具体的にアフィリエイトブログの内容の決め方を紹介していきます。ここではブログのジャンル決定の3要素を紹介します。ブログでしっかり収入を得たい方は必ずこの3要素を意識して下さい!

ジャンル決定の3要素

結論から。ブログのジャンルは「市場成長性×月間検索ボリューム×得意分野」の3要素で決めます

ブログジャンル決定の3要素

市場成長性

月間検索ボリューム

得意分野

まず市場成長性を見るのは将来的に継続的にブログから収益を上げられるかを確認するためです。どんなに月間検索ボリュームがり、あなたの得意分野であったとしても、市場が衰退していくのであればブログからの収益がままなりません。

月間検索ボリュームはウェブ上の市場規模を見るためです。成長市場であなたの得意分野だとしても、見込み客がネットで問題解決しようとしていなければアフィリエイトブログを作っても収益が上がりづらいです。

もちろんSNS・Youtube・オフライン広告でアフィリエイトブログにアクセスを集めることも可能です。ただSNSのフォロワー・Youtubeのチャンネル登録者がたくさんいるのでなければ、ブログ開設当初の集客経路は検索エンジンがメインになりますし、オフライン広告はお金がかかりすぎるので効率が悪いです。

そのため、アフィリエイトブログで情報発信しようと思っている内容について、月間検索ボリュームが最低でも1000以上あるキーワードを選びましょう

そして、得意分野をブログの内容として決めるのはブログ運営を苦行にしないためです。ブログ運営の仕事の8割は記事の執筆とリライトです。とても地道な作業です。

ただでさえ地道な作業なのに、苦手なこと・よく知らないことをブログの内容にすればよく知らないことを地道に作業することになり、地獄の日々を送ることになります。

得意分野が無い方は興味があることをブログの内容にしましょう

興味があってしっかり学んでみたいと思うことを書籍などで勉強しつつ、インプットした内容をブログ記事という形でアウトプットすれば効率的に学習できます。
※インプットとアウトプットの関係についてはこちらで紹介しています。

「得意分野=強み」を理解しましょう

ブログの内容は「得意分野」が良いと紹介しましたが、できればあなたの「強み」に根付いたものが良いです

強みの特徴

得意であり、他人も気がついている。

それをやるのが楽しい。

それをやる時に生き生きしている。

それを継続的に向上させている。

それをやっている時に、フローの状態になる。
出典元:ダイレクト出版 リッチ・シェフレン『インターネットビジネスマニフェスト』p104より

これはGoogleやYahooにネットマーケティングのコンサルティングも行うリッチ・シェフレンという人が『インターネット・ビジネス・マニフェスト』というレポートの中で紹介した「強み」の特徴です。

さらに強みの定義は「強み=才能+教育+経験+スキル」と言っています。つまり、この4つの要素を持った強みが、上に挙げた5つの特徴となって現れています

この「強み」に沿った内容をブログで発信できればその知識の幅や深さによって強力なブランディングにもなり、ブログの「見込み客をファン化する」という第1の目的を達成することもできます

これを1人で見つけるのは難しいので、自分でも過去の経験や受けてきた教育などを思い出してみるのと同時に、家族や会社の同僚・上司などにも相談して、あなたが苦もなく簡単にこなせることを聞いてみましょう。

「雑記ブログなのでそんなに厳密に決めなくても」と思う方へ

「あの、僕は雑記ブログを作ろうと思っていて、そんなに真剣にジャンルぎめはしなくてもいいかなと思うのですが…」と思う方へ。

特化型ブログか雑記ブログかということでブログの内容の決め方を変えるのはナンセンスです。
※特化型ブログ:ある1つの分野に関する情報発信をするブログ。
※雑記ブログ:ブログ運営者が興味があることを幅広く発信するブログ。

特化型ブログだろうが雑記ブログだろうが、アフィリエイトで稼ぐことを考えるなら情報発信する内容は「市場成長性×月間検索ボリューム×得意分野」に沿って決めましょう

というのも、たとえあなたが雑記ブログという意識で気軽な気持ちで記事を書いていても、同じジャンルで特化型ブログを作るために真剣に情報収集してブログを運営している人がいれば、その人に記事の質も量も追い抜かれます。

ブログからの目標月収が1万円以内という方がいれば3要素に忠実に内容を決める必要はありません。

ただ、「アフィリエイトブログだけで生計を立てたい」「アフィリエイトブログで月収100万円を達成したい」と考えるなら、必ず「市場成長性×月間検索ボリューム×得意分野」という要素に従って内容を決めて下さい。

アフィリブログ記事は3分類

3

ブログのジャンルが決まったら具体的に記事を執筆していくことになります。

記事の内容はここで紹介する3分類の中のどの記事なのかを考えて執筆しましょう

ブログページを3つに分類

アフィリエイトブログの記事内容は集客ページ・成約ページ・トップページの3分類によって変わります

アフィリエイトブログの仕組み

 

それぞれの役割に合った内容にならなければ「見込み客をファン化する」という目的からずれた記事になったり、ブログの構造を修正して収益性を改善するのが難しくなるので、しっかりと抑えておいて下さい。

集客ページ

集客ページとはあなたが販売したい商品に関連する情報を発信して、見込み客にブログに訪れてもらうためのページです。
※このページがまさに集客ページです。

アフィリエイトブログの7〜8割程度の記事が集客ページになりますが、集客ページの目的は「見込み客をファン化すること」です。つまり、集客ページはブログの第1の目的を果たすためのページです。

ここでは商品販売やあなたのブログに関する最新情報などは発信せず、主に検索エンジンからのアクセス獲得を目指し、見込み客の検索意図に合った内容を発信します。

アフィリエイトブログで作成する記事の内容は基本的に特定のキーワードを意識した内容を執筆しますが、集客ページでは「アフィリエイトブログ 内容」のような直接成約につながらないキーワードに対する内容を書きます。

集客ページの中では記事の内容によっては引用した本のアフィリエイトリンクを張ってそこから小さな売上を上げていったり、アドセンスなどの広告を貼ってクリック報酬を得ることもありますが、基本的な目的は特定の内容に関する網羅的な情報を発信して、見込み客をファン化することです。

成約ページ

成約ページとは商品の購入を目指すページのことで、セールスページとも言います

成約ページの目的は商品の購入や申込みを決めてもらうことです。

成約ページ(セールスページ)ではセールスライティングのスキルを使って商品の購入や申込みを目指します。商品が成約しやすい文章の型はある程度決まっているので、その構成に従ってセールスライティングを行い、ユーザー心理を誘導して成約に向けてユーザーの背中を押します。

多くの場合はサイドメニューがない1カラムのページ構成になっており、見込み客に余計な情報を与えず「購入・申込み」などの目的の行動を見込み客にとってもらうための構成になっています。

ただし、アフィリエイト商品の成約を目指す場合には集客ページと変わらないフォーマットを使って、商品のレビュー記事商品ランキングという形で商品の成約を目指すものもあります。

トップページ

トップページとはブログの最新情報・おすすめ記事・おすすめ商品・運営者の紹介をするページで、集客ページと成約ページの役割の両方を担っています

トップページはほとんどの場合集客ページを訪れた見込み客がブログのことをもっと知りたいと思って、ブログのロゴなどをクリックしてやってきます。

つまり記事そのものの内容からブログそのものやブログの運営者であるあなたに興味を持っている人が訪れるページです。

トップページに来た見込み客は、予め作っておいた成約につながる動線に乗る可能性が高いです。そのため、トップページには見込み客が特定のジャンルに対する情報を網羅的に収集できる一連のコンテンツを準備しておき、その流れに乗せて確実に成約につなげるためのリンクを目立つように張っておきましょう。

各ページの役割について1個だけ留意点!

「集客ページ・成約ページ・トップページ」という分類はしっかりと覚えておいて下さい!

というのも、この3つの分類はアフィリエイトだろうが、物販だろうが、コンサルの受注だろうが、ブログの運営の仕方は同じだからです。

つまり、横展開可能な再現性のある考え方なので、将来的にアフィリエイト以外にも収益を拡大していくことを考えている方はよく覚えておきましょう。

具体的な記事内容の決め方

ここまではやや概念的なことを紹介してきましたが、次は具体的に個別の記事の内容の決め方を紹介します。

集客ページ・成約ページ・トップページそれぞれの内容の決め方を紹介します。

集客ページの内容の決め方

集客ページの内容は特定のキーワードの検索ニーズに沿って決めます

集客ページの内容の決め方

①SEOを実施するキーワードの決定

②キーワードを検索してみる(上位表示されている記事の確認)

③キーワードニーズを推測

④関連書籍・雑誌などで対策キーワードに合った内容を収集

⑤質の高い記事構成に沿って内容をまとめる

集客ページの内容の決め方は上記の5つの流れです。

集客ページの記事内容は特定のキーワードのニーズを満たすのが基本なので、まずはSEOを実施するキーワードを決定します。

キーワードを決めたら実際に検索してみて上位表示されている記事を確認します。上位表示されている記事の内容はリライトが繰り返されて「ユーザーニーズが反映された内容」担っている可能性が高いので必ずチェックです。検索結果の1ページ目に表示されているものは全てチェックしましょう。

上位表示されている記事の確認が出来たらSEOを実施するキーワードのユーザーニーズをまとめます。記事の内容はこのニーズを満たす内容にする必要があるので、ここまでの流れは入念に行いましょう。

キーワードのニーズが推測できたら関連書籍・雑誌などあらゆる情報収集手段を使って、記事にできる内容を集めます

記事にできる内容が集まったら、「質の高い記事構成」に沿ってプロット(記事構成)をまとめます

この流れによってもれなくユーザーニーズを満たす質の高い記事を作ることが出来ます。始めて記事を執筆する場合は慣れない作業になるかも知れ漫画、それでも構いません。

というのも、執筆した記事が検索結果に表示されればそのページが表示された時に実際にネットユーザーが検索窓に打ち込んだ情報が収集できて、あなたの推測ではない「実際のユーザーニーズ」を手に入れることが可能だからです。
※「実際のユーザーニーズ」は「検索クエリ」といいますが、この情報を得るためにはGoogle Search Consoleを導入しておく必要があります。

「実際のユーザーニーズ」が手に入ったらその情報に即してリライトを続けることで嫌でも質の高い記事の内容になるので、最初から完璧な内容を目指さず「6割くらい自信が持てる内容」ならどんどん記事にしてしまいましょう

成約ページの内容の決め方

成約ページの内容はセールスライティングの定石に沿って決まります

独自商品を販売する場合にはサイドメニューがない1カラムのページになることが多いですが、アフィリエイトの場合には集客ページと同じようにサイドメニューがあるページで、商品のレビューや商品ランキングで成約を目指します
※1カラムのセールスページの構成はこちらの記事がわかりやすくまとまっています。

商品のレビューでは実際にその商品を使ってみた使用感・良い点と悪い点・メリットとデメリット・買うべきかどうかという情報を客観的にまとめます

アフィリの成約ページのポイント

客観性

具体性

網羅性

購入者へのフォロー

アフィリエイターは広告主の商品を広告主本人ではない「商品購入者(=お客様)」です。その立場を生かして客観的な情報を提供しましょう。

客観的な立場から良い部分は良いと言い、「改善が必要なのでは?」と感じるところは素直にそう伝えましょう

そして、具体的な情報ほどページの内容の質が高まります。「すごくいい商品だったよ!」と言われるよりは、「直感的に操作できて、仕事中に余計なストレスがたまらないので、スムーズに仕事を進めたい方にオススメ!」といった方がその商品のメリット・ベネフィットが明確に伝わります

網羅性についても成約ページの信頼性を高めるために重要です。ここで言う網羅性とは売ろうとしている商品に対して見込み客が知りたい情報を網羅するということです。

そのためには見込み客の顕在ニーズと潜在ニーズを両方共満たす情報を書きましょう。

パソコンを売ろうとしているの出れば画面の大きさ・スクリーンの綺麗さ・バッテリーの持続時間・メモリの容量・価格などの県税ニーズの他に、メーカーのアフターサポートの質・USBポートの数・キーボードの打ち安さなどの潜在ニーズにかかわる内容も情報提供できた方があなたの成約ページから安心して商品を買ってくれます。

購入者へのフォローは売ろうとしている商品を実際にあなたが使ってみて、広告主が提供しているサポート以外に「ここもっと強化してほしいな…」という点があったら、「私がサポートします」と伝えてあなたから購入するメリットを提示することです。

トップページの内容の決め方

トップページの内容の決め方はあなたのブログ運営の目的に沿って決まります

トップページの内容の決め方

あなたのブログの目的は?

(今)一番注目してほしい記事・商品・サービスは?

トップページの内容の決め方はこの2つの質問に答えることです。

この記事に来ている方はアフィリエイトしている商品を売りたくてブログを運営していると思います。なので1つ目の質問への回答は「アフィリエイト商品を買ってもらい、収入を得ること」になります。

2つ目の回答については1つ目の目的を果たすためにトップページに訪れた見込み客に注目してほしい記事・商品・サービスが何かを明確にすることです。この質問が明確になればトップページにどんなコンテンツを載せるかが明確になります。

注目して欲しい記事があればそれをトップページの目立つところに配置します。買ってほしい商品やサービスがあればそのアフィリエイトリンクを貼ったり、その購入につながるセールスフロー(ステップメールなど)に載せるためのオプトインページのリンクを設定しておきましょう。
※オプトインページとは見込み客にメールマガジンやステップメールを届けるために、見込み客に同意してもらった上でメールアドレスなどの連絡先をもらうページです。
※ステップメールとは予め設定したメールの内容を決められた間隔・日時に送信して、自動でセールスを行う仕組みです。

トップページに訪れた人は商品購入などあなたがブログで見込み客にとってほしい行動に繋がる可能性が非常に高いので、戦略的に設定しておきましょう。

質の高い記事の3つの定義

質の高い記事

ブログの内容は下記の質の高い記事の3つの定義の中で、最低どれか1つに当てはまっている必要があります

質の高い記事の3つの定義

キーワードニーズに網羅的に答える記事(検索エンジン対策)

SNSでよく拡散される記事(SNS対策)

見込み客を目的の行動に誘導できる記事(収益化対策)

この3つの中のどれにも当てはまっていない記事はゴミ記事なので、早急に内容を見直してリライトしましょう。

まずキーワードニーズに網羅的に答える記事は鉄則です。ブログの目的は「見込み客をファン化すること」と冒頭でお伝えしましたが、そのためにはキーワードニーズに応える記事を量産して、記事を読んだ見込み客に満足感を得てもらうことが1番の方法です。

というのもブログ記事とは「情報発信業」なので、その情報の質が高ければ高いほど見込み客は「このブログ良いな!」と思ってくれて、繰り返しあなたのブログに訪れてくれる可能性が高まります。

ちなみに検索エンジン対策を考える上では「情報の正確性・信頼性・独自性」を意識しましょう。Googleの検索結果はこの3つを重視したアルゴリズムに変わってきているので、信頼できる正しい情報をあなた独自の視点で発信するようにしましょう。

そして、ブログの集客経路は検索エンジンの他にTwitter・Instagram・youtubeなど他の媒体もあります。SNSでは「共感される記事」「学びになる記事」はどんどん拡散されます

ブログへのアクセス増加の手助けになるので、SNSでバズる記事もブログの収益につながる質の高い記事となります。

そして、商品を売るためには成約率の高いページも必要です。つまり見込み客をブログ運営者であるあなたの目的に沿った行動に誘導できる記事は質の高い記事といえます。

ブログを収益化するためには必須の要件ですね。これは成約ページの内容の決め方で紹介した要件を満たした記事を書いてより成約率の高い記事を書いていきましょう。

記事を執筆した後は必ずこの「質の高い記事の3つの定義」に当てはまっているか内容を確認してください。

3つの定義に当てはまっている場合は「どんな書き方をすると質の高い記事になるか」を学びましょう。そして思った成果が出ない場合には質の高い記事から学んだことを当てはめて必ずリライトをしましょう。

アフィリブログの内容についてよく上がる質問

アフィリエイトブログの内容の決め方はここまでに紹介したもので全てです。

最後にここまでの内容に対してよく上がる疑問や反論について紹介して終わります。

「市場成長性」ってどう判断すばいいですか…?

市場成長性については検索すればすぐに出てきます。「市場名 市場成長率」「市場名 動向」などの形で検索してみて下さい

例えば「アフィリエイト市場 成長率」で検索したら検索結果の1つ目に矢野経済研究所というコンサルティング・市場調査をしている会社のアフィリエイト市場成長率に関する情報が出てきます。

もしくは自力で特定の市場について今後の成長性を考えて見る場合には、BCG(ボストン・コンサルティング・グループ)という50カ国に90拠点を構える世界的な戦略コンサルティングファームでシニアアドバイザーを歴任された内田和成氏の、『異業種競争戦略』という書籍で紹介されている下記の方法で、市場の成長を阻害する要素がないか考えてみるのもいいです。

5つの変化

 

(ビジネスの)変化を捉える5つの視点

①置き換え
ある要素が別の要素に置き換わっていく。
置き換える側の企業にとってはチャンスですが、置き換えられる側の企業にとっては一大事。

②省略
今まで当たり前のようにあった要素が不要になってしまいます。
そこで稼いでいた企業は、これまでのビジネスを付けていくことが困難になる。

③束ねる
今まで②つ以上に分かれていた機能が、1つに束ねられる。
消費者にとっては事情に便利になるが、束ねられる側の企業にとっては大変なこと。

④選択肢の広がり
これまで1つしか無かった機能が、いくつにも分かれていくケース。

⑤追加
これまで無かった新しい機能が加わる。

出典元:日本経済新聞出版社 内田和成 『異業種競争戦略 ビジネスモデルの破壊と創造』p71〜74より抜粋

上記のビジネスの変化が起きる5つの視点から考えて、①〜③に関する事業は衰退し、④と⑤に関する事業は成長していくことが考えられます。

あなたがブログでアフィリエイトしようとしている市場が成長するか衰退するかの判断方法の1つになります。

「強み」なんて持っていません…

強みは確かに探すの難しいですよね。僕も最初困りましたし、僕も常に自分の強みは何かを考えながらブログ運営をしています。

「強みが無い」ことの解決策としては、「マーケット選びで強みは変わる」ことを知ることです。

例えばアフィリエイター歴半年の人のアフィリエイトに関する知識と経験は「強み」と言えますでしょうか?

答えは「比較する相手による」です。つまりアフィリエイト歴15年のアフィリエイト月収1000万円の人に対しては強みとは言えません。むしろ弱みです。

しかしこれからアフィリエイトを始めようと考えている人と比較した場合には圧倒的な強みになります。

つまり「強みがない人」はいません。既に紹介したリッチ・シェフレン氏の考え方に基づいて自分の強みを割り出したら、それをどの市場に対して発揮するかによって強みになるか弱みになるかが決まります。

リッチ・シェフレン氏の「強みの定義」と「マーケット選び」の2つを行ってあなたの強みを定義しましょう

キーワードを意識した記事ってもう必要ないのでは?

質の高い記事の定義の中で「キーワードニーズに網羅的に答える記事」を紹介しました。

でも検索エンジンの質が高まり、ユーザーそれぞれに対して異なる検索結果が表示されるようになっているから、キーワードニーズを意識して検索順位の上位に表示させることに躍起になる必要ないんじゃないかという方がいます。

答えとしては、「キーワードは今後も意識して記事を書いて下さい」です。

その理由は「キーワードを意識した記事の方が、尖った内容になり、より見込み客にとって魅力的な内容になるから」です。

また、「他のブログやメディアと差別化できなくなる」という意見も分かりますが、思い込みです。

コミュニケーションや情報発信は同じ情報でも視点を変えて新しい気づきを与えることが出来るものです。

そして、この記事の構成がまさにそうですが、記事の冒頭で訪問者の質問に答えて、記事の最後の方に来るに従ってあなたの意見や「おすすめの方法」などを提示すれば、その内容は他のメディアとの差別化要素になります。

情報収集する時間がありません…

答えは「スケジュール管理を見直して下さい」「情報収集の方法を考えてみて下さい」です。

良質な記事を作成するためには情報収集が必要ですが、その時間がないという方もいます。

ただ、時間なんていくらでも捻出できます。自己啓発的になりますが、「時間の使い方=生き方」です。

「時間がない」ということに悩み続けるという時間の使い方をすればそれがあなたの生き方です。一方で「どうすれば時間を作れるか?」と考えれば、解決型人間という生き方に変わります。

一度毎日のスケジュールを見直して、情報収集する時間を捻出できないか考えてみましょう

簡単な時間の捻出方法やインプットの方法を紹介すれば、移動時間に読書・ネットサーフィンして情報を仕入れる・歩きの移動時間中に収集した内容をまとめておく・PCやスマホにボイスメモを残しておく・オーディオブックで情報収集するなど方法はたくさんあります。

「時間 作り方」などで検索すれば効率的な仕事の仕方なども出てくるので、そうした情報を参考にスケジュールを見直してみましょう。

まとめ

まとめ

アフィリエイトブログの運営は最初は決めることがたくさんあって大変です。

この記事で紹介したジャンルの決定やしっかりやるのであれば「強み」も明確に定義する必要があります。ただここで考えすぎては一向に収入を得ることが出来ません。

必要な意識は「走りながら考える」です。完璧に決めてから始めるのではなくて、「多分こんな感じ?」と当たりをつけたら実践しましょう。

【初心者脱却】ブログマーケティングの目的から必須ツールまで全て紹介で詳述していますが、ブログ運営はPDCAの繰り返しです。記事の内容についても最初に考えた内容はあくまでも「あなたの推測」です。

検索結果に表示されればSearch Consoleで「実際のユーザーニーズ」が手に入るので、その情報を一刻も早く手に入れて、より質の高い内容に改善していきましょう!

  • この記事を書いた人

SHINJI

早稲田大学商学部卒。Webメディア運営・マーケティング・目標達成の情報発信しています。大学卒業後ダンサー→独学でアフィリエイター→Web広告コンサル会社に勤務→今。三代目JSB・Bruno Mars・乃木坂46が好き。

-アフィリエイト, ブログ
-,

Copyright© STYLE GENERATION , 2019 All Rights Reserved.