〜感動が集まり、感動の瞬間を作る人を生み出すメディア〜

STYLE GENERATION

ブログ

【知らぬは損】ブログで稼ぐ際の注意点12個を確認!

投稿日:

注意点

この記事はこんな方が対象です。

こんな方におすすめ

  • ブログで稼ぐ場合の注意点が知りたい人。
  • ブログで稼ごうと思っているけど、本当に稼げるか不安な方。
  • ブログ運営を始める前にやっちゃいけないことを知っておきたい方。

この記事ではこんな情報を提供しています。

ココがポイント

ブログ運営における12個の注意点。

ブログ運営の目的を簡単に確認。

 

この記事ではブログ運営で最低限注意しなければならないことを紹介しています。全て意識できなければブログであなたが求めている収入を得るのは難しいことなので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

ブログで稼ぎたい人への12個の注意点

 

注意

まずはブログで稼ぎたい人の12個の注意点を確認しましょう。

記事の書き方・SEO・ブログ運営への取り組み方・仕事の仕方など分野は様々ですが、全て最低限意識しなければならないことを書いています。

それぞれの分野についてのより詳細な注意点については各見出しにリンクを張っていますのでそこからジャンプして頂ければより詳細に各分野の注意点や具体的なノウハウを確認できます。

「結論先述」で記事を書く

1個目の注意点は記事は、「結論先述」で記事を書くことです。

あなたのブログにアクセスした人が求めているのは検索キーワードのニーズを満たす答えなので、見出しごとにまず答えを書かなければいけません。そして、そのためにはキーワードを意識した記事を執筆する必要があります。

検索エンジン以外にもSNS・Youtubeなどからのアクセスもありえますが、基本的には検索エンジンからのアクセスがほとんどなので、SEOを実施するキーワードを意識した記事を執筆しましょう。

ブログ初心者の方の記事を見ると見出しごとに長い前置きから始まり、細かいポイントを説明して見出しの最後に結論が出てくることがあります。

でも、検索キーワードの答えを求めているブログ訪問者からすれば答えがすぐに書かれない記事はストレスでしか無いので、見出しごとにまず結論を書くように心がけましょう。

※良質な記事の書き方はマナブログさんの記事がわかりやすいです。

すぐに収益化できるわけではない

2個目の注意点は、すぐに収益化できるわけではないことを知っておくことです。

ブログで稼ぐということは記事をたくさん書いてアクセスを集めて、そのアクセスをお金に変える仕事です。そのため必然的にSEOを実施する必要がありますが、記事を書いてから検索エンジンに評価されるまでには3ヶ月程度かかります

また記事をだいたい50〜60記事くらい書くまではアクセスも集まらないことがほとんどです。この段階で諦める方も非常に多いのでブログを始めたものの収益化出来ない人が非常に多いです。

しかし、ブログ運営は継続的に記事を投稿して適宜修正することが仕事です。記事数が増えればその分アクセスが増えて収益が増えていくので、初動でなかなか目に見える成果が出なくても諦めずに記事の投稿を続けましょう。

ニッチのトップを目指す事を考える

3個目の注意点は、「ニッチのトップを目指す」という「ランチェスター戦略」を意識することです。

ブログ運営に置き換えて言うと、「既に存在する競合ブログとなるべく戦わずに、スモールキーワードやロングテールキーワードごとのトップ(検索結果1位)をたくさん獲得して、アクセスを集めることを考える」ということです。

「ランチェスター戦略」では様々な戦略・戦術・戦闘方法が決められています。「弱者の戦略」と「強者の戦略」が分けられていますがこれからブログを運営する方は「弱者の戦略」を取る必要があります。

「弱者の戦略」

弱者は先発会社と差別化し、同じやり方をしない
弱者は小規模一位主義、部分一位主義を狙え
弱者は強い競争相手がいる業界には決して参入しない
弱者は戦わずして勝ち、勝ちやすきに勝つことを狙う
弱者は対象を細分化する
弱者は目標を得意なもの一つに絞る
弱者は目標に対して持てる力のすべてを集中する
弱者は競争相手に知られないよう、静かに行動する

出典元:フォレスト出版 竹田陽一 栢野克己『小さな会社★儲けのルール ランチェスター経営7つの成功戦略』P57より抜粋

「ランチェスター戦略」とは元々は戦争の兵法をまとめたものでしたが、これが企業経営に応用された企業戦略です。

上記の戦略に基づいて考えれば、これからブログ運営を始める人は「競合記事が弱いキーワードを集中して攻める」「ブログのジャンルをニッチ(小規模市場)に絞る」「絞るジャンルはあなたの得意分野にする」という戦略が考えられます。

つまり、「既に存在する競合ブログとなるべく戦わずに、キーワードごとのトップ(検索結果1位)をたくさん獲得して、アクセスを集める」のがこれからブログをはじめる人が取るべき戦略です。

※キーワードの選び方についてはSEOPackの記事がわかりやすいです。

100記事書いたところからブログ運営が「スタート」する

4個目の注意点は、100記事書いたところからブログ運営が「スタート」するということを知っておくことです。

ブログで収益化するためには100記事程度書いたところから、Google Search Console(グーグルサーチコンソール)やGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)などを分析してブログの記事を修正や、ブログ構造を修正することで使いやすく収益性の高いブログを作っていきます

この修正作業は記事が溜まって来てはじめて着手できる作業であり、この修正作業があってはじめてブログから収益が上がったり収益性が上がっていくので、100記事程度書いたところがやっとブログ運営の「スタート」であることを意識しておきましょう。

※ブログ運営のでやることはこちらの記事にまとめています。

「リライトが命」

5個目の注意点は、「記事のリライトが命」ということです。

「100記事書いたところからブログ運営が『スタート』する」で紹介した中でも、特に記事のリライトはとても重要です。というのも最初に書いた記事はあくまでもあなたが「見込み客はこういう内容を求めているだろう」という推測で書いた記事です。

しかし、サーチコンソールを導入していれば、検索エンジンにどんなキーワードを打ち込んであなたの記事にアクセスしたかが分かります。つまり実際の見込み客のニーズを把握することが出来ます。

実際のニーズが分かればそのニーズに答えらえるように記事をリライトして行けばより見込み客にとって質の高い内容を記事で提供できるようになるので、あなたのブログの満足度が高まります。

そのため、最初に記事を執筆することよりも実際に集まったアクセスをもとに記事の内容を修正していくことの方がより重要な仕事になります。

たくさん記事を書けば良いってもんでもない

6個目の注意点は、「沢山記事を書けば良いわけではない」という点で、要するに量よりも質を重視して記事を書きましょうと言うことです。

「リライトが命」でも紹介したとおりブログ運営は100記事を書いたところがようやくスタート地点です。ここまで記事を書き溜めることが出来なければよりブログの質を高めるための「修正・改善作業」に入ることは出来ません。

ただし、いくら100記事書いたからといって読者にとって何の価値提供もしない記事をたくさん書いても、あなたの記事に訪れた人は直ぐに記事から離脱してしまい改善のための分析の元になるデータがたまりません。

つまり、最初に100記事を各段階から質の高い記事を書くように心がける必要があります。たくさん記事を書けば収益が上がるわけではなく、その記事でどれだけ見込み客に対して価値提供できるかが一番のポイントで、ゴミ記事を量産してもあなたのブログがゴミ箱になるだけです。

なので、最初の段階からあなたが持つ全ての知識を総動員して、他の競合ブログよりも圧倒的に質の高い記事を書く意識を持つ必要があります。

※質の高い記事の定義と書き方につてはマナブログさんの記事がわかりやすいです。

とは言っても「量が質を担保する」

7個目の注意点は「量が質を担保する」ことを意識しておく必要があるということです。

たくさん記事を書けば良いってもんでもないの中で質の高い記事を書く意識を持つとお伝えしましたが、質は量が伴ってはじめて生まれるものです。つまり最初から質を求めてゆっくり丁寧に記事を書いていてもいつまで経っても質の高い記事を書くことは出来ません。

なのでブログ運営初心者がブログ運営開始から意識すべきことは、あなたが持つ知識全てを総動員した、競合ブログよりも質の高い記事をたくさん書くことです。たくさん記事を書くことで最初は時間がかかっていたこともスラスラできるようになり、より客観的な目線で自分の記事を俯瞰できるようになります。

そうすれば記事の構成や伝えるべき要素をもれなく入れた質の高い記事を短時間で作成できるようになります。

「価値提供」を忘れないでね?

8個目の注意点は、「価値提供」することを常に意識するようにすることです。

ブログの1番の目的は見込み客をファン化することで、そのためには検索ニーズを満たす質の高い記事を書き続けて、見込み客に価値提供し続けることを意識する必要がります。

好きなことを好きなように書く雑記ブログは別として、ブログでは記事を書くことで「価値提供」しなければいけません

「価値提供」しなければいけないのは、見込み客に価値を提供できなければ対価としてお金をいただくことは出来ないからです。

ブログは確かにあなたの好きなこと・得意なことで稼げる方法として知られています。それも間違いありませんが、ブログに限ったことではないですが、人に価値を与えられていないのに人からお金をもらうなんてことはほぼ不可能です。

ブログで稼ぐということは見込み客に情報を与えて、その対価としてお金を稼ぐということなので、これから執筆する記事には必ず「見込み客に価値提供する」ということを常に意識しましょう。

デザインよりも記事の質

9個目の注意点は、「デザインよりも記事の質」を重視することです。

ブログを開設するとデザインをあれこれといじって、きれいな見栄えにすることに集中してしまう人がいますが、それはブログ運営の本質から外れた行為たということをよく覚えておきましょう。

『価値提供』を忘れないでね?でもお伝えしたとおり、ブログ運営とは見込み客に価値ある情報を与えて、その対価としてお金を頂く仕事です。つまり質の高い記事を書くことが一番の目的です。

最低限嫌悪感を持たれないくらいのデザインに整えられたら記事を書くことに専念しましょう。

収益化出来たら外注でいくらでもデザインは綺麗にできるので、ブログを立ち上げたら質の高い記事を作って価値ある情報を与えて商品を売ることに集中しましょう。

仕組み化できるところはガンガン仕組み化!

10個目の注意点は、「仕組み化できるところはガンガン仕組み化すること」です。

ブログ運営は仕組み化できる部分をどんどん仕組み化していかなければ、いちいち手が止まって記事の執筆に時間を割けなくなるからです。

ブログの運営はやることが山のようにあります。ジャンル決定・キーワード選定・ブログの記事執筆・分析・リライトなどなど。

※ブログ運営でやることはブログマーケティングの記事にまとめています。

基本的にこれを全て1人でやるのがブログ運営で、多岐にわたる仕事を1人でやらなければいけません。それぞれの仕事のこなし方を仕組み化しなければ、毎回どう仕事を進めるか決めるのに時間が取られてしまい、記事の執筆が進まなくなります。

もちろん人を雇ったり外注すれば自分が手を動かす必要はありませんが、それでも質を担保した上で効率的に仕事が進む仕組みは事業主となるあなたが考えなければいけません。

2回以上同じことをすることは仕組み化できる仕事なので、やり方を考えなくても仕事を進められるレベルにまで仕組みを作ることも意識しましょう。

検索エンジンはある日突然あなたの評価を変えます

11個目の注意点は、「検索エンジンはある日突然あなたの評価を変える」ということです。

この点に注意しなければいけないのは、グーグルなどの検索エンジンは検索結果の表示順位を決めるアルゴリズムを常に改善していて、その改善の結果それまで検索結果の1位に表示されていた記事の表示順位が大きく下がってしまう可能性があるからです。

グーグルを始めとする検索エンジンの目的は、ユーザーに質の高い情報を提供することで、その目的を達成するために常に検索結果の表示順位に直結するアルゴリズムを改善しています。

そのアルゴリズムの変更を確認することも必要ですが、知らずのうちに「ブラックハット」と言われるSEOをしてしまうことがないように正しいSEOの知識を身に付けておきましょう

そして正しいSEOの知識を身に付けて正しいブログ運営をすることに加えて、ブログへのアクセス源を検索エンジンだけに頼らないようにしましょう。

具体的にはなる早でSNS・youtubeなどからのアクセスも確保できるようにして、アルゴリズム変更によるアクセスと収益の激減のリスクヘッジをしておきましょう。

※正しいSEOについてはバズ部の記事が非常にわかりやすく細かいところまでまとめて下さっています。

正しい方法に従いましょう

12個目の注意点は、「正しい方法に従う」と言うことです。

正しい方法とはブログの設定・記事の執筆・SEO・SNS運用などブログ運営に関わるそれぞれの分野の仕事を、正しいやり方に則って行うということです。

正しい方法に従わずにブログ運営を続ければアクセスが集まらずに売上も立たず、時間を無駄にする可能性が高くなります。

「守破離の法則」というものがある通り、まずはブログ運営についてネット上の記事や本などで学んだことを素直に守って、最低限の結果を作れるようにしましょう。

その結果基礎が身につけば自分なりに応用して、あなた独自の方法を作ればいいです。初心者のうちから身につけた知識を応用しようとすれば思わぬ落とし穴にハマって結果が伴わなくなることは目に見えています。

まずはブログの設定・記事の執筆・SEO・SNS運用などそれぞれの分野における正しい方法を素直に実践するように心がけましょう。

確認!ブログ運営の目的は?

 

目的

ブログ運営で注意しなければいけないことは前の見出しで紹介した12個です。

ただし、この12個も実はブログ運営(ブログマーケティング)の目的から導き出したものなので、改めてブログ運営の目的を確認しておきましょう。

※ブログマーケティングの目的ややることの詳細は【初心者脱却】ブログマーケティングの目的から必須ツールまで全て紹介にまとめています。

見込み客をファン化すること。

ブログ運営の1つ目の目的は、「見込み客をファン化すること」です。

質の高い情報を記事にまとめて、それを届け続けることで見込み客はあなたのファンになり、その結果あなたから商品を買ってくれるようになります。

見込み客をファンにするためには、あなたの記事に気づいてもらい、読み手が価値を感じやすい正しいフォーマットに則って、内容の濃い記事を書き、ブログ内での見込み客の行動を分析して記事やブログ構造を修正してブログの価値を高めていく必要があります。

これを続けることであなたのブログは見込み客にとって価値の高いブログになり、その結果「困った時にはあのブログ」と思われるようになります。その結果あなたのブログに繰り返し訪れてくれて、売上がりやすくなります。

ブログを収益化するためには売ることを先に考えてしまう方もいると思いますが、買ってもらうためには見込み客があなたのことを信じなくてはいけません。

ファンになってくれたということはあなたのことを信用しているということなので、まずは売ることよりも価値提供して「見込み客をファン化する」ことを考えましょう

売ること

ブログ運営の2つ目の目的は、「商品を売ること」です。

前の見出しでお伝えしたとおり、ブログの第一の目的は「見込み客をファン化すること」です。収益化することを考えると真っ先に売ることを考えたくなりますが、売ることは第2の目的です。

ただし、売るためにも「正しい売り方」があります。ネット上で商品を販売するためには見込み客が商品を買う可能性が高まる一定の文章の書き方が存在するので、その「コピーライティング」を身に付ける必要があるということです。

「コピーライティング」を身に付けて正しい売り方の法則を身につけることができれば、ブログで売りたい商品をより確実にお客様に買ってもらえるようになり、収益化が加速していきます。

さらに、あなたのことを全く知らない人よりもあなたのファンに「コピーライティング」を使ったセールスページを見てもらえばより購買の可能性は高まります

ブログの記事が100記事ほど溜まって、リライトも完了して質の高いブログが完成したら、新しい記事の投稿に加えてコピーライティングも実施して、あなたのブログの収益性を上げていくことも考えましょう。

まとめ

この記事で紹介した12個の注意点は全て「見込み客をファン化する」というブログの第1の目的を果たすための注意点になっています。

どの注意点を忘れても質の高いブログを構築することは難しくなってしまうので、1つずつでもいいので全ての注意点を意識してブログ運営ができるようになりましょう。

  • この記事を書いた人

SHINJI

早稲田大学商学部卒。Webメディア運営・マーケティング・目標達成の情報発信しています。大学卒業後ダンサー→独学でアフィリエイター→Web広告コンサル会社に勤務→今。三代目JSB・Bruno Mars・乃木坂46が好き。

-ブログ
-

Copyright© STYLE GENERATION , 2020 All Rights Reserved.