〜感動が集まり、感動の瞬間を作る人を生み出すメディア〜

STYLE GENERATION

クラウドソーシング

【クラウドワークス】初心者が月10万円稼ぐ方法【実績も公開】。

投稿日:

クラウドワークス 月10万円

こんな方におすすめ

  • クラウドワークスで月10万円稼ぎたいけど、どうすれば良いのかわからない方。
  • クラウドワークス初心者の方。
  • 長期的に安定的に稼ぐ方法が知りたい方。

結論

クラウドワークスで月10万円以上稼ぐためには、プロフィール作り・仕事選び・報酬額の交渉・仕事の仕組み作りの4つがポイント!

クラウドワークスで月10万円くらい稼ぎたい!」と思っても、クラウドワークス初心者の方は、「何をすれば良いのか?」や「何に気をつけたら良いのか?」がわかりませんよね?

僕も最初は探り探りでしたが、2ヶ月仕事をしてみた事でクラウドワークスで効率よく仕事を引き受け・しっかり稼ぎ・長期的に案件を獲得できる方法が分かりました

この記事ではその方法を紹介します。

1ヶ月だけ単発で10万円稼ぐのではなく、長期的に安定的に仕事を受け続けたいと考えたい方には価値ある情報を紹介できていると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

クラウドワークスで一月で20万円稼ぎました

1ヶ月で20万円稼ぐ

クラウドワークスで月10万円以上稼ぐための具体的な方法を紹介する前に、実際に僕がクラウドワークスで月20万円稼いだ証明です。

クラウドワークスで一ヶ月で20万円

クラウドワークスで一ヶ月で20万円稼ぎました!

やった仕事は記事のライティング代行のみです。

キャプチャで四角で囲った翌月から徐々に報酬額は減っていますが、自分でやっている他の仕事で徐々に収入が上がってきているのでクラウドワークスの仕事を抑えています。

報酬額は減っているものの、クライアントは変更せずずっと同じクライアントであったり、独立されたクライアントから直接ご連絡を頂いてお仕事を頂いています

クライアントからお仕事の依頼

クライアントから直接お仕事の依頼を頂きました!

上記はビジネス用のコミュニケーションツールのチャットワークの画面のキャプチャです。

以前お仕事をさせて頂いていた会社から独立され方から直接ご連絡を頂き、2019年10月時点でもそのお仕事を継続してさせ頂いているので、長期的に安定した仕事を確保できている状態です。

ちなみに、20万円稼いだ月の1日のスケジュール感はこんな感じです。

【2019年4月の1日のスケジュール】
7:30   起床・朝の準備
9:00  仕事開始
12:00   昼食
12:30   仕事再開 
17:30  帰宅・夕食・風呂・リラックス
24:00  就寝
※1日の仕事時間:およそ7〜8時間
※稼働日数:20日間
※時給換算:およそ1,254円

上記の通り、1日の労働時間は7〜8時間といったところ。だいたい週5日の労働です。

このスケジュール感で動いて一月で20万円です。

10万円くらい稼ぐ場合もやる事は変わらないので、上記の半分の労働(週2.5日&1日7〜8時間労働か、週5日&1日3.5〜4時間労働)で稼げます。

これくらいの労働なら本業がある方でも余裕ですね。

10万円稼ぐ為にやることは?

月10万円稼ぐコツ

さて、本題です。

僕が月20万円稼ぐためにやった事は大きく分けて4つ。

月20万稼ぐためにやること

プロフィールを充実させる。

引き受ける仕事を選ぶ。

報酬額の価格交渉。

作業の仕組み作り。

月10万円稼ぐ場合もやる事は同じで、上記の4つに注意しつつ、作業量を僕の半分にすれば良いだけです。

この4つについて詳しく説明していきます。

プロフィールを充実させる

まずやった事はプロフィールを充実させること。

これは質の高い仕事を引き受けるためです。

質の高いプロフィールの書き方は「【実績ナシで月20万稼ぐ】クラウドワークス初心者のプロフィールの書き方 」に詳述しています。

「プロフィールって本当に書く必要あるの?」と思う方もいますが、プロフィールを充実させるメリットは以下の3つ

プロフィールのメリット

クライアントから直接依頼を受けられる。

クラウドワークスの担当者から仕事の依頼を受けられる。

質の高い仕事も受けやすくなる。

クラウドワークスに登録しても仕事を受けられなければ意味がありません。

また、仕事を受けても質の低い仕事はやる意味がありません。

室の低い仕事とは?

報酬が低い。

あなたが身に付けたいスキルが手に入らない。

クライアントからのフィードバックが雑。

上記の3つに当てはまる仕事はやるだけ時間と無駄です。

スキルアップを考えず、ただお金が欲しいだけの方は問題ないです。

ただそういう目的で仕事をしていても受け取れる報酬は少なくいつまでたっても自分で稼げるスキルや経験が身に付かずラットレースから抜け出す事はできません

なので、仕事を引き受けるなら上記の3つに当てはまらない質の高い仕事を受けるようにしましょう

質の高い仕事は?

報酬が高い。

昇給制度が整っている。

あなたが身に付けたいスキルが手に入る。

クライアントからのフィードバックが丁寧。

クラウドワークスの質の高い仕事の見分け方は「【クラウドワークスで月20万】初心者がライティングで稼ぐ【下準備と案件選び】 」で詳述しているので、こちらもご確認ください。

引き受ける仕事を選ぶ

2つ目にやった事は仕事を選びです。

こちらも詳細は「【クラウドワークスで月20万】初心者がライティングで稼ぐ【下準備と案件選び】」に書いてますが、ポイントだけ紹介すると、以下の通りです。

仕事選びのポイント

仕事内容の確認。

報酬額の確認。

上記の点に注意して、良い仕事を受けるようにしましょう。

価格交渉する

3つ目にやった事は価格交渉です。

大抵のクライアントは報酬の仕組みを決めていますが、あなたの仕事ぶりに応じて規程以上の報酬を出してくれる事もあります

報酬アップに応じてもらうための方法は、ざっくり下記の通りです。

報酬アップに応じて貰う方法

まずは質の高いアウトプットを数こなす。

価格交渉のテクニックを使う。

まずはクライアントが提示する報酬額で1ヶ月間仕事をこなしましょう

1ヶ月という期間を設けたのは、大抵のクライアントが報酬額を変更してくれるのが、最初の1ヶ月間の仕事ぶりを見てからだからです。

この記事を読んでいる方は、多くの方が大きな実績を持たない方だと思います。

僕自身もそうでしたが、分かりやすい方が仕事の契約時に「めっちゃクオリティ高い仕事できます!」と言っても、クライアントはその言葉を信じる理由がありません。

なので実際に仕事をこなして質の高い仕事ができることを理解してもらいましょう

そうしてあなたの仕事ぶりを理解してもらい、信頼を獲得できたらいよいよ価格交渉です。

価格交渉のポイントは簡単に言うと以下の2通り。

価格交渉のポイント

「ドア・イン・ザ・フェイス」テクニックを使う。

「フット・イン・ザ・ドア」テクニックを使う。

価格交渉の手法は代表的なものを上げれば上記の2つです。

細かいテクニックを挙げると膨大なテクニックと、心理学を勉強する必要がありますが、上記の2つを知っておけばとりあえず価格交渉はできます。

「ドア・イン・ザ・フェイス」テクニックとは最初に過大な要求をして、その次に受け入れられやすい要求をするテクニックです。

【「ドア・イン・ザ・フェイス」テクニックの例】

★市場相場が1プロジェクト5万円の仕事について。

あなた「僕でしたら御社のお仕事を従来の2/3の時間で完了できて、他の外注先以上の質で納品できるので、プロジェクトの報酬単価を10万円にしていただけますか?」

クライアント「10万円は流石にキツイです。」

あ「でしたらプロジェクト単価8万円でいかがでしょうか?短時間・高品質で納品できますし、これまでに納品させて頂いた物・納品数を見て頂いてもご納得していただけると思います。」

ク「でしたらプロジェクト単価7万円でいかがでしょうか?」

あ「でしたら双方の間を取って7.5万円はいかがですか?」

ク「単価7万円以上は当社としても厳しいです。」

あ「承知しました、では今月からはプロジェクト単価7万円でお願い致します。」

「ドア・イン・ザ・フェイス」を使った交渉はこんな感じ。

最初に当初の報酬単価5万円の倍額(10万円)にするというちょっと無理のある要求をして、その後徐々に相手の出方に合わせて報酬単価を下げています。

この方法では最初に過大な要求をしますが、あまりにも現実離れした要求を最初にすると相手の心象が悪くなってしまいます

なので、あなたが引き受けている仕事内容の相場をクラウドワークスで調べてみて、その相場の上限の範囲内ではじめのうちは要求しましょう。

あなたが本当に質の高い仕事を沢山が出来ていれば、相場以上の報酬額を提示してもらえることもあります。

もしくは、「フット・イン・ザ・ドア」テクニックを使って見ましょう。

「フット・イン・ザ・ドア」テクニックとは徐々に要求する内容を上げていく事。

【「フット・イン・ザ・ドア」テクニックの例】

あなた「先月はプロジェクト単価5万円でしたが、今月から5.5万円でいかがでしょうか?先月の納品数・作業あたりの納品時間を見てご判断頂ければと思います。」

クライアント「承知しました、今月は5.5万円でお願い致します。」

あ「ちなみに、御社の報酬システムだと、1週間以内にプロジェクトを完了させた場合報酬単価が7万円とのことですが、3日以内に納品させて頂く場合に報酬単価を7.5万円にして頂くことは可能ですか?」

ク「承知致しました。今月はでは1プロジェクト3日以内の納品でプロジェクト単価7.5万円でお願いできますでしょうか?」

あ「問題ございません。その条件でお願い致します。」

「フット・イン・ザ・ドア」テクニックはざっくりとこんな感じです。

最初に相手が受け入れやすい要求を飲んでもらい、その後徐々に大きな要求をしていく方法です。

このテクニックで報酬アップさせるのは時間がかかるので、長期継続案件の場合にしましょう。

「ドア・イン・ザ・フェイス」も「フット・イン・ザ・ドア」も、ポイントはクライアントが既に設定していない報酬条件を了承してもらうことです。

クライアントも外注先の人への報酬システムをある程度しっかりと組んでいることがほとんどですが、その報酬システムも人が作っているので、完璧ではありません

あなたの仕事の質・量を考えてクライアントの報酬システムが割に合わなかったり、評価制度を変えてもらえる可能性があるならどんどんそれを提案・交渉しましょう

僕自身も記事の執筆代行の仕事を複数受注していて、1つの仕事を文字単価0.4円でスタートしていましたが、他のクラウドワーカー以上の仕事をしていたので、価格交渉をして、文字単価0.8円まで上げて頂きました。

もちろん相応の仕事もしているので、正当な報酬を受け取っています。

交渉術はクラウドワークスの仕事に限らず、生活の中で人に仕事を頼む時・友達にお願い事をする時・恋愛など様々な場面で使えるので、身に付けておくと便利です。

仕事の仕組みづくり

4つ目にやった事は仕事の仕組みづくりです。

クラウドワークスで受注する仕事は基本的に作業量が報酬額に直結し、沢山こなせば沢山稼げます

仕事の仕組み作りで考えることは以下の2つ。

仕事の仕組みづくりのポイント

短時間で仕事を完了させること。

高品質なアウトプットが出来ること。

上記の2つを考えて仕事の仕組みを作れれば、あとはその仕組みに則って作業に集中すれば良いだけです。

この仕事の仕組み作りは、クライアントが求めるアウトプットで変わります

大抵のクライアントは仕事の内容に関わらず、納品時のフォーマットを指定してくれています。

なので仕事を受注してから始めて仕事をこなす時はその指示に応じて、最短で仕事を完了させられる仕組みを作りましょう。

ただ、多くの場合仕事をこなしているうちにクライアントから、「次回からここも整理して欲しい」「次からこれもやって欲しい」など、要求が増えたりすることもあります

その場合は、その要求も織り交ぜ待て採最短で仕事が完了する仕組みに変更しましょう。

この仕事の仕組み作りはパズルの要領で仕事をこなす手順・手間・かかる時間を考慮して、クライアントごとの仕事の仕方を組み替えていきます。

出来上がる効率的な仕組みはクライアントの仕事とあなた自身の仕事のやりやすさに依存するので、一般化して紹介できません。

ただ、作業量に応じて報酬を得られることが多いクラウドソーシングの仕事では、「速く仕事をこなすこと」は不可欠の要素なので、必ず早く仕事を完了させられる仕組みを作りましょう。

なぜ「仕組み」まで作るの?

ちょっとだけ、「仕組み作り」について補足

クラウドワークスに限らず、クラウドソーシングで受注する仕事の大半は作業量によって受け取れる報酬額が変わります

なのでいかに速く仕事を完了させるかが勝負です。

仕事の進捗スピードを妨げる要素の1つが「作業工程が見えていない」こと

作業工程が見えていないと、いちいち「次は何するんだっけ?」と立ち止まることになります。

その時間はただの無駄なので、作業に入る前に「どう仕事を進めるか」をはっきりさせましょう

また、多くの方は「できれば長期的に安定的に仕事を受けたい」と考えていると思います。

長期的に安定的に仕事を受けるのを実現するためにはクライアントに満足してもらい続けること。つまり質の高いアウトプットを出し続けることです。

なので仕事の仕組み作りでは「速く仕事をこなす」だけではなく、「質の高いアウトプットを出せる」ことも考えておきましょう。

質問対応

質問対応

ここまでの記事の内容について、考えられる質問に答えます。

全くの未経験でも仕事は引き受けられる?

はい。全くの未経験でも仕事は引き受けられます

ただし、条件付きです。

初心者が仕事を受ける条件

プロフィールの充実。

必要な知識のインプット。

ポートフォリオの作成。

(検定・資格試験に合格)

上記の4つをなるべく全部クリアしている方が、全くの未経験でも仕事は引き受けられます。

簡単に説明すると、未経験でも自分で仕事を引き受ける準備ができていればOKという事です。

クラウドワークスでは、クライアントは基本的に即戦力を求めています。

なので、あなたが「使える人材」だということを証明できればいくらでも仕事は受けられます

仕事をすると時に意識しておいて欲しいこと。

最後に、クラウドワークスで引き受ける仕事をする時に、1つだけ意識しておいて欲しいことがあります。

それはこの記事でもちょっと触れたことですが、クラウドワークスで受ける仕事は消耗戦(あなたの時間をお金に変えている)なので、ずっと続けていてもいつまでもラットレースで堂々巡りしてしまうこと。

これは僕自身もクラウドワークスで受けた仕事をしている中で強く感じたことです。

クラウドワークスで受ける仕事は全てクライアントのビジネスの末端の仕事で、言い方が悪いですが「誰でもできる仕事」です。

仕事を選べばあなたが身に付けたい「スキル」や「経験」という積み上げは可能です。

ただ、いつまでも「稼ぐ→消費→稼ぐ→消費→…」の繰り返しです。

なので、クラウドワークスで受ける仕事はあくまでも「スキルアップ」や「経験」のためとして、「お金のため」にやるべきではありません

クラウドワークスで仕事をすれば、クライアントの仕事の仕方やノウハウを「盗める」ので、仕事の仕方やノウハウの習得が完了したら、自分で稼ぐ仕組み作りにステップアップすることは意識しておきましょう

まとめ

まとめ

クラウドワークスで10万円稼ぐ方法を紹介しました

記事の冒頭でも紹介しましたが、やる事は4つでプロフィール作り・仕事選び・報酬額の交渉・仕事の仕組み作りです。

クラウドワークスで受ける仕事は作業量によって得られる報酬額が決まるので、質の高い仕事を引き受けて、その作業をいかに速く完了させるかにフォーカスして仕事をこなしましょう!

END

  • この記事を書いた人

SHINJI

早稲田大学商学部卒。Webメディア運営・マーケティング・目標達成の情報発信しています。大学卒業後ダンサー→独学でアフィリエイター→Web広告コンサル会社に勤務→今。三代目JSB・Bruno Mars・乃木坂46が好き。

-クラウドソーシング
-, , , ,

Copyright© STYLE GENERATION , 2019 All Rights Reserved.